› AIGC, Inc. › 学び › 非難した社会に何を感じるか?

2012年05月27日

非難した社会に何を感じるか?

非難した社会に何を感じるか?
個人的には彼が公言したことに虚偽がないのであれば、
非難される筋合いは全くなく、謝罪も不要だったと感じますが・・・


民法820条:親は子を扶養する義務がある
民法877条:直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある


お笑い芸人河本準一氏の問題が話題になっていますが
「扶養義務」に関しては法律で一律線引き出来るような
簡単な問題ではないような気がします。

確かに上記のように法律で定められている以上、
守らなければ違法です。
しかし世の中にはさまざまな事情を抱えた家族があり、
法律だからと割り切れない家族も多いのが現状ではないでしょうか。

最近知人の親子関係問題の相談にのらせて頂きました。
知人は現在30代、親は60代。
幼い頃に両親は離婚。母子家庭の一人っ子として育てられましたが
家庭内暴力等、親子関係は良好とはいえませんでした。
そのような中、身内と疎遠にある親の老後をどうするか?
親の口癖は「ここまで育ててあげた」
行政は「子が援助すべき」
親は子の家庭に押しかけ暴利をふるい、
子の財布をむしり取った過去が何度かあります。
自身も生活が楽ではない子が親の援助を続けること、
良好な関係が築けていない親子が同居すること、
簡単な問題ではないと思います。

幼児虐待、親子心中などが増加する現代。
くだらないことに時間を費やす暇があれば、
政治家は公的扶養と私的扶養について
本格的に議論する時期がきたのではないでしょうか。


同じカテゴリー(学び)の記事
贅沢な旅
贅沢な旅(2014-06-23 07:04)

孟母三遷
孟母三遷(2014-04-29 11:24)

ヘルプ!
ヘルプ!(2014-04-10 08:31)

父親の役割
父親の役割(2014-04-02 13:10)

沈思黙考
沈思黙考(2014-03-31 14:33)

愛に生きる
愛に生きる(2014-03-26 17:32)


Posted by AIGC, INC. at 07:46│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。