› AIGC, Inc. › 日本 › 自分を持たない日本人

2012年02月15日

自分を持たない日本人

自分を持たない日本人

トマトがメタボに効くと報道されれば慌ててスーパーに駆け込み、
ヨーグルトがインフルエンザに効くと聞けば買い漁り、
雑誌で●●モデルが着用していたのを知れば似合う似合わないなど気にせず、
皆が同じものを着る・・・・・

どうしてこう日本人は単純なんだろうと溜息が出るのは私だけでしょうか。

ペット業界でも一緒です。

CMでチワワがウルウル目を輝かせていればチワワを買い、
真央ちゃんがプードルと踊ればプードルを買う。

冒頭の写真も同様ですが、我々はメディアに振り回される過ぎですね。


サッカーの中田英寿さんは言っています。

「真実かどうか調べられない“ 嘘 ”にお金を出す皆さんは、可哀想だし申し訳ない。」


全くその通り。

日本人はあらゆる情報に対してもっと疑問を持つべきだと思います。


同じカテゴリー(日本)の記事
ご挨拶
ご挨拶(2015-01-03 07:51)

閑古鳥は消えた?
閑古鳥は消えた?(2012-03-20 07:09)

あ~あ・・・
あ~あ・・・(2011-08-08 18:16)


Posted by AIGC, INC. at 07:49│Comments(4)日本
この記事へのコメント
どこの国にもある程度のパーセントでそういう人口はあります。日本の場合は"ブーム”が起こりやすい条件を満たしているのだと思います。島国だし単一民族だし。ブームに走る気持ちも分からないでもない。取り合えず周りの皆と足並み揃えることによって不安やストレスが解消されるでしょう?これは何人種でもどこの国籍でも見られる現象です。ただ、米国の場合はその種類が多種に及ぶので国全体(全部の人種)が一編に同じブームに乗るという現象が見られないだけでは? ”トマトがメタボに効くと報道されれば慌ててスーパーに駆け込み、ヨーグルトがインフルエンザに効くと聞けば買い漁り、”とありますが、これにしても実際目で見てたしかめたわけでなく、やはり日本のマスコミからの情報ならば、もしかしたら”嘘”なのかもしれません。
Posted by Kay N at 2012年02月18日 14:32
Kay N様 

コメントありがとうございます。
仰る通りですね。

報道は100%鵜呑みにはできませんね。ただ一時期ですがこの田舎ですらその現象はありました。メディアのプレゼン力は凄いですね。

マスコミの報道を100%嘘だとも言い難いですが、日本のチャンネルの少なさもあってか、メディア特にテレビの影響力は大きいようです。

日本人に限らないとは思いますが、人は安易な道を選びがちですね。報道に踊らされるも、ブームに流されるも、人がゆえなのかもしれません。安易に情報が手に入る時代になったがゆえに、国民は自分でその真偽を調べようとはしない傾向にあるようです。

また目に見えない恐怖(病気になりたくない、長く苦しんで死にたくない…etc)を、目に見える形(飲食etc)でなんとかしたいと思うのも納得できるものがあります。

多様な種類のブーム…人が動くのは心が動くからこそ、心が動くのは…特に発言者の肩書や知名度の高さに比例していますね。少なからずそこには「自分」というものを持たない人が世界と比較して日本には非常に多いと感じるのは私だけかもしれません。
Posted by AIGC, INC.AIGC, INC. at 2012年02月19日 08:54
自分が無さすぎても生き難いでしょうし、自分が有りすぎてもきっと生き難いのでしょうか?バランスですね、きっと。長いものには巻かれろという言葉もありますが:) ブームに乗って興味を持った複数の対象のうちから一つを探求していく人ももしかしたら居られるかもしれませんね。私の印象としては日本人は(平均的に)知識を得ることにEnthusiasticな国民性ということです。今ではどうなのでしょうか?でも20年も前にはGas Stationよりも本屋さんのほうが多かった。

<また目に見えない恐怖(病気になりたくない、長く苦しんで死にたくない…etc)を、目に見える形(飲食etc)でなんとかしたいと思うのも納得できるものがあります。>これはその通りです。目に見えないものが信じられない不安や疑心から目に見えるものに執着するのかもしれません。そして避けられないことに対するストレスから一時的に気を紛らわせるためにブームに乗っかるなんてこともあるかも。

また、肩書きやCertificateの根拠となるものが信憑性のあるものならば、そこから発せられる情報を専門家の一意見として受け止めるということは悪くないでしょう。肩書き地位の無いものからすればそれらを持つ人の努力(勤勉と才能を持って得た肩書き地位であるならば)を尊敬することは一種の素直さでもあります。"知らぬが仏”とも言いますが。

何事にもPros and Consがあるので一つの主題に関してこうしてDebate?できるのは、もしかしたら私はある程度<自分>というものを持っていると言えますか?ね?

ニックネームで投稿したコメントに大変真摯にコメントバックを頂きなにやら嬉しいです。ありがとうございます。
Posted by Kay N at 2012年02月19日 13:02
Kay N様

有難うございます。
こうして意見交換のようにやり取りさせて頂けます事に感謝しています。

かつて日本人は勤勉だったと耳にすることがあります。今もそうなのかもしれませんが、諸先輩方々のお話を伺っておりますと最近の勤勉さとは良い意味で全く異質なのかなと感じます。ガススタより本屋の方が多かったとは驚きです!

書籍は中古で再販されており、インターネット普及率や電子書物の影響も受けているのか、圧倒的にガススタの方が多いです。

人生十人十色とはいえ皆様それぞれに生き易さを模索するものですね。私もその1人のつもりでいるのですが、ストイックなまでに茨の道をわざわざ選んでいるような(笑)

そんな中で諸先輩方から同じような体験をしたよと耳にすると、公安職だったせいもあってなのか分かりませんが、ホッとします。ということは、ブームに乗ってホッとするも同じですね。

この世は正と負で成り立っているものですから、仰る通り、何事にもpros and consあるのは自然の理なんだなぁとしみじみ…とはいえ、自分の追求心は強くブログでも主張が強すぎてしまうことがあり、まさにpros and cons、有り難くも両方のご意見を率直に頂いております。

このように稚拙なブログを書いておりますが、
今後ともご愛読&ご意見ご感想の程よろしくお願い申し上げます。
Posted by AIGC, INC.AIGC, INC. at 2012年02月19日 21:57
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。