› AIGC, Inc. › 刺激を受けた話 › スマホを持たない親友

2014年06月10日

スマホを持たない親友



欧州出張が無事終了。

展示会、ケネル訪問、ドッグショー、市場調査・・・・
ドイツが誇る高速鉄道ICEでドイツ国内を回りながら、
途中フランスにも足を運ぶタイトなスケジュール。

後半の1週間は親友が全面サポート。
連日、早朝から晩までタクシー代わり。最終日は1000kmの移動icon10
本当にお世話になりっぱなしでした。



因みに親友はドイツ国内に4つのオフィスを構えるIT関連会社のCEO。
ハンブルク郊外にウン億円の豪邸を構え、不要な広大な敷地は農地貸し。
その他市内で不動産経営も手掛ける。

彼のシンボルでもあるボロボロの携帯電話について
何故スマホを持たないのか尋ねると、

スマホを持つと従業員が連絡をしてくるからだよ、と。

まさに彼の経営スタイルの象徴。

彼は言う。
現場でバタバタ走り回ることが経営者の姿ではない。
時々従業員に作業の指示を出すだけ、自分は最終チェックのみ。
電話のキャッチは緊急時のみ。
これで仕事が回らないようなら自分の能が足りない証拠。

僕も若い時は現場人間として汗水流していたんだよ、
でもあるメンターに出逢って生き方を変えたんだ。
だからこうして大切な君たちと貴重な時間を楽しく過ごすことが出来るんだよ、と。

従業員には安定して仕事を与え、
愛する家族との時間を十分に確保し、愛犬、愛馬と共に人生を謳歌している。

仕事が生き甲斐!という方もいる中で、人生の楽しみ方は人それぞれですね。






同じカテゴリー(刺激を受けた話)の記事
子供は天才?
子供は天才?(2014-03-11 16:54)

心の会話
心の会話(2012-06-07 06:41)

トイレの神様
トイレの神様(2012-04-17 08:18)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。