› AIGC, Inc. › 学び › 孟母三遷

2014年04月29日

孟母三遷



人は環境の子と言われますし、
三つ子の魂百までということわざもある通り、
子供の性格も才能も幼少期の環境のまま育つのだと思います。

ですから、子供によい環境を与えていくということは
親の愛情であり、教育の基礎、基盤であるのではないでしょうか。

美のある環境で育った子供は美に関する感性が育ち、
多様な文化環境で育った子は、文化センスを持った子に育つ。

有限の時間や金銭を我が子のためにどう活用していくか。
それによって如何様にも子供は育っていく。

すべて親次第だということですね。



同じカテゴリー(学び)の記事
贅沢な旅
贅沢な旅(2014-06-23 07:04)

ヘルプ!
ヘルプ!(2014-04-10 08:31)

父親の役割
父親の役割(2014-04-02 13:10)

沈思黙考
沈思黙考(2014-03-31 14:33)

愛に生きる
愛に生きる(2014-03-26 17:32)

応援団長!
応援団長!(2014-03-18 18:24)


Posted by AIGC, INC. at 11:24│Comments(0)学び
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。