› AIGC, Inc. › 2014年06月

2014年06月27日

習い事に迷ったら・・・



高円宮家の典子さまのご婚約が発表されましたが、
典子さまにヴァイオリンの手解きをされていたのが
才能教育研究所会の鈴木会長。

典子さまは3歳から高校生にご成長されるまでの間、
スズキメソードで学ばれ、その時のことを鈴木会長は、
「レッスン前に背筋を伸ばし、ごきげんよう!と、
ご挨拶されるお姿を今でも覚えています」と仰っています。

楽器の技術だけではなく、「人間教育」を重んじる
スズキメソード

我家の息子もお世話になっていますが、
例え勉強が出来ても、例えヴァイオリンが巧く弾けても、
やはり人としての「心」が育っていなくては・・・・

そういう意味ではスズキメソードに出逢えて
本当に良かったと思っています。

これからの子を持つ親子さんにはオススメです!




  

Posted by AIGC, INC. at 11:36Comments(0)刺激を受けた話

2014年06月23日

贅沢な旅



ガイドブックやネットで紹介される場所は、
誰でも簡単に訪れることが出来、商品で言えば均一化されており、
勿論心の持ち方によって、景色や感じるものは違ってくるものだが、
そこに何ら魅力を感じない。

一方で現地友人がプランしてくれた旅は、自分専用カスタマイズされており、
お金を出して提供して貰える商品ではなく、これ程贅沢な旅はない。

私の旅の場合、主に出張を兼ねるケースが多い中で、
一見出張(仕事)との関連性が薄いように感じますが、
一期一会の中から意外な発見や仕事の発展に繋がるケースも少なくなく、
海外出張の作り方も工夫次第、また、
日頃の利害抜きのネットワーク作りは大切なものだと感じます。


先日のドイツ出張時に実現した弾丸訪問


  

Posted by AIGC, INC. at 07:04Comments(0)学び

2014年06月10日

スマホを持たない親友



欧州出張が無事終了。

展示会、ケネル訪問、ドッグショー、市場調査・・・・
ドイツが誇る高速鉄道ICEでドイツ国内を回りながら、
途中フランスにも足を運ぶタイトなスケジュール。

後半の1週間は親友が全面サポート。
連日、早朝から晩までタクシー代わり。最終日は1000kmの移動icon10
本当にお世話になりっぱなしでした。



因みに親友はドイツ国内に4つのオフィスを構えるIT関連会社のCEO。
ハンブルク郊外にウン億円の豪邸を構え、不要な広大な敷地は農地貸し。
その他市内で不動産経営も手掛ける。

彼のシンボルでもあるボロボロの携帯電話について
何故スマホを持たないのか尋ねると、

スマホを持つと従業員が連絡をしてくるからだよ、と。

まさに彼の経営スタイルの象徴。

彼は言う。
現場でバタバタ走り回ることが経営者の姿ではない。
時々従業員に作業の指示を出すだけ、自分は最終チェックのみ。
電話のキャッチは緊急時のみ。
これで仕事が回らないようなら自分の能が足りない証拠。

僕も若い時は現場人間として汗水流していたんだよ、
でもあるメンターに出逢って生き方を変えたんだ。
だからこうして大切な君たちと貴重な時間を楽しく過ごすことが出来るんだよ、と。

従業員には安定して仕事を与え、
愛する家族との時間を十分に確保し、愛犬、愛馬と共に人生を謳歌している。

仕事が生き甲斐!という方もいる中で、人生の楽しみ方は人それぞれですね。




  

Posted by AIGC, INC. at 13:33Comments(0)刺激を受けた話