› AIGC, Inc. › 2013年12月

2013年12月26日

氏より環境



ワンコのお客様で幼稚園を経営されている
大ベテランの園長先生と教育談義をさせていただきました。
都内でも有名な高級住宅街にお住まいで、
園もその近郊にあり、当然それなりの層の方々のご子息が
通園されているようですが、

先生は何度も何度も「子供は氏より環境」

と仰っておりました。

どこで誰がどのような教育(メソッド)で育てるか。

実は犬も一緒で、
例え名血統の子孫であったとしても、
山に放てばただの野良犬になってしまいます。
例えが極端でしたが、
名血統であったとしても、幼少期に誰にどんな環境で育てられたか?
それによって全く違った犬に育ちます。

話を人の子に戻しますが、
先日息子が通う教室のコンサートを鑑賞して、
「環境は大事だなぁ・・」と熟感じました。

以前興味があった教室のコンサートも鑑賞したことがあるのですが、
生徒が皆ピリピリしている。笑顔がない。

先生の生徒への接し方、指導メソッドを聞くと、
大変厳しい方で、技術ばかりを教え込もうとしている印象でした。
肝心の人間教育という部分が希薄になっているような・・・・

それぞれに良し悪しがあるのかと思いますが、
我が子にどうなって欲しいか、を大事に考え、
尊敬出来る指導者の下、理想の環境でお任せしたいと思うパパでした。


  

Posted by AIGC, INC. at 17:18Comments(0)学び

2013年12月06日

音に心を音にいのちを!



貧困率40%、厳しい社会情勢の南米パラグアイ。
夢も希望も持てない子供達を救うために立ち上がった
青年ファビオ・チャベス氏によって結成された音楽団

「オーケストラ・オブ・カテウラ」

楽器は全て廃材からのリサイクル。

昨晩、某番組でその演奏が放映され、
それまで積み木で遊んでいた息子が突然手を留め、
TVに前に釘付け、両手を回し、嬉しそうに指揮を始めた。

その前日にもFNS歌謡祭を流しており、
日本のトップミュージシャンが続々と演奏する中
全く見向きをしかなった息子。

1歳の彼なりに何か感じるものがあったのだと
親馬鹿に思う。

我家の教育に大きな影響を与えている
「スズキメソード」

創設者鈴木鎮一先生にお言葉に

他人の美しい心や感覚や愛情を
ひしひしと感じることの出来る能力を持つことは、
幸福な人間になることの近道である


どんな環境で育てていくか、
親にとって悩ましい課題ですが、
どんな子に育って欲しいかが明確であれば
答えは探しやすいのかもしれませんね。






  

Posted by AIGC, INC. at 09:19Comments(0)学び

2013年12月03日

見取稽古


先日購入してあげたヴァイオリンのソフト肩パット。
痛くないように!少しでも集中出来るように!父親が出来るささやかな協力


武道はもちろん、華道、書道、茶道、能楽、歌舞伎・・・・・
芸道と呼ばれる分野の中に「見取り稽古」という言葉があります。

私が剣道を始めたきっかけも
無意識のうちに行っていた見取り稽古からでした。

現在1歳の息子が週1回、
1時間バスに揺られ、ヴァイオリン教室へ見取り稽古に通っています。

集中力が持続出来ない月齢ですから、
最初は15分、やがて30分、40分、1時間 ・・・・・
美しい音色を聞くことの楽しさを習育させています。

自宅でも毎日ヴァイオリンのDVDが流れており、
特に五嶋龍くんの演奏が好きらしく。

そんな中、先日ビックリする出来事が起きました。

某CMでヴァイオリンの演奏が流れたのですが、
積み木遊びに夢中になっていた息子がピタと手を止め、
TVを観たのです。
もしや!と思い調べたところ、それは五嶋龍くんの演奏だったのです。

この世に生まれた子供はみな、誕生の瞬間から、
レオナルド・ダ・ヴィンチにもまさる高度な知的可能性を持っている


私が尊敬する故グレンドーマン先生の言葉です。

子供の可能性を活かすも潰すも親次第。
今しか出来ないその貴重な機会、我が子の将来の幸せのために
十分に費やしてあげたいと思っています。

  

Posted by AIGC, INC. at 09:18Comments(0)学び