› AIGC, Inc. › 2012年06月

2012年06月29日

残り1日・・・・頑張れラニカイ!!



昨年2月、スウェーデンの職人と
カリフォルニア在住日本人オーナー様をマッチング。

オーナー様は6月30日、無事海外任期を終え東京本社に戻られます。

人間の帰国は簡単ですが、
わんちゃんの帰国?産まれて初めての日本なので入国?
どちらでもいいのですが、検疫手続き等、大変です。

ファミリー皆様の無時のご帰国、心よりお祈り申し上げます。

  

Posted by AIGC, INC. at 13:36Comments(0)アメリカ

2012年06月28日

可能性は無限大です!



介在犬の驚くべき効果
落ち着きが無く、他人に暴言を吐く問題児(小学生)に介在犬が寄り添い続けたところ、
その子供が犬に絵本を読み聞かせる程の心を養ったというアメリカの事例があります。

最近では北欧でも介在犬が導入されており、専門家による研究もおこなわれています。

日本で社会に認知されているのは「盲導犬」くらいでしょうか。
先進国の中ではまだまだ遅れています。

以前行刑施設への導入についても触れましたが、
再犯率0教育
ペット目的だけではなく、もっともっと犬との共存を考えていきたいものです。





  

Posted by AIGC, INC. at 09:44Comments(0)学び

2012年06月27日

京都から突撃訪問?同窓会叶わず・・・・


いつも貰いっぱなしで申し訳ないです・・・・

旧友(学生時代の同級生)が京都から突然の訪問。
20年ぶり?
兎に角暫くぶりですが、急なことでどうしても仕事の調整がつかず・・・
顔すら出せず失礼してしまいました。

ピンチヒッターで家内&チビ助が参上。

私抜きの方が結果良かったようです(苦笑)

高校から剣道修行のため故郷を離れ街での寮生活。
其の後も365日練習の日々で同窓会などには全く顔を出せず。

皆どうしてるんだろうか・・・・

  

Posted by AIGC, INC. at 11:18Comments(0)プライベート

2012年06月24日

良い人生とはなんでしょうか?


この映画いいですよね!

週末聞いた良い言葉。

産まれる時、
自分は泣きながら、周囲は笑いながら。

死ぬ時、
自分は笑いながら、周囲は泣きながら。

そんな人生を送りたい!




  

Posted by AIGC, INC. at 21:29Comments(0)学び

2012年06月23日

表敬訪問で学んだ北欧と日本の違い



久しぶりに地方の動物愛護センターを訪問。

僅かな滞在でしたが、公開出来ない内情まで聞かせて頂き、
非常に考え深いものがありました。

こういった施設に保護される犬達の多くは、老犬や持病を抱えています。
いつ亡くなるか分らない犬や獣医通いが必須な犬を里親に出すわけにはいかない・・・・
職員さんの苦悩の選択が印象的でした。

様々なボランティア団体が殺処分ゼロ運動を呼びかけていますが、
なかなか厳しい問題だと感じます。
綺麗ごとでは済まされない現実があり、時に “潔く命を絶ってあげる”
そこには大海の情が込められていることを知るべきなのかもしれません。

  

Posted by AIGC, INC. at 07:59Comments(0)ペット事業

2012年06月22日

誤解はどこから生まれるか?



近所の大学に留学中の中国人の女の子に
こんな質問をされた。

バイト先が給料日だったようで
店長から給与袋を手渡された際に

「ムダ使いしたらだめだよ」

と言われたらしい。

それについて、

「ワタシハマダオカネツカッテマセン・・・ドウシテオコラレマシタカ???」

と疑問に感じたらしい。

言語の壁、文化の壁、nuance など、ちょっとした会話でも誤解が生じます。

これがビジネスとなれば・・・・「意思疎通の優劣

自分の言動を振り返りながら、小坂様の記事に共感させて頂きました。


  

Posted by AIGC, INC. at 07:18Comments(0)学び

2012年06月19日

これは凄い!



アメリカ製ハイブリッドリフト「HB-1430CE」

コンパクトなサイズとオペレーションの容易さは、
工事現場や病院・診療所・図書館・オフィスビルなど、
静音性を必要とする現場での作業に非常に役に立ちます。

荷台の最大高揚時の高さは6.1m !

いよいよ日本上陸です!


  


Posted by AIGC, INC. at 07:15Comments(0)アメリカ

2012年06月17日

道しるべ



最近縁あって幼児~小学生までの先生をやらせて頂いておりますが
子供達に遠い目的物を定め、そこに向かうよう指示を出すと

: 真っ直ぐ最短距離で向かう子
: わざわざ遠回りする子
: 全く間違った方向へ向かう子

など、状況は様々です。

ところが、途中に標識を設置し、それを見ながら向かうように指示を出すと
道に迷うことなく、遠回りすることなく、正しくゴールに到着します。

我々が生きる人生も一緒なんだと思います。
ただ何も無い道を漠然と生きるよりも、
標識(道しるべ)がある道を生きる方が正しくゴールに向かうことが出来る。

私は人のご縁に恵まれています。
メンターの存在が私の道しるべの補助となり、
道に逸れた時、迷った時の大きな助けとなっています。

標識があっても日々迷いっぱなしが・・・(苦笑)



  

Posted by AIGC, INC. at 08:12Comments(0)学び

2012年06月15日

本当に怖いですが・・・・



一足一打の間合い

1歩踏み込めば互いに致命的ダメージを叩き込め、
1歩退けばその打撃を回避出来る生死ギリギリの距離

剣道用語ですが、
昔の名将と呼ばれる侍達は常にこの領域で生きていたのではないでしょうか。

生きるか、死ぬか、勝つか、負けるか、
そのギリギリの距離の中で戦うことで精神を鍛え、
いざという時の冷静な判断力に繋がるものと思います。

「試練は絶好の成長の機会」
人生とは心を高め、魂を磨くための修養の場であると
名将稲盛和夫氏が仰っております。

どのような年輪を重ねるか、全て自分次第ですね。
  

Posted by AIGC, INC. at 07:42Comments(0)学び

2012年06月14日

その犬の基礎は大丈夫ですか?



犬のベースは血統です!

紛れもない事実です。

往々にして欧州に比べ「血統」の重要性への認識が日本は甘い!

ベースとなる基礎基盤がしっかりしていれば
愛犬の「医・食・住」を大切に考える日本人ですから
問題なく生涯のパートナーとして共存を楽しめます!

逆にベースが緩い状態で(血統の悪い犬を迎える)
一生懸命杭を打とうとする飼い主さん。
経費(育成費用)増大、ストレスの要因となります。

「血統」を大切にしましょう!

  

Posted by AIGC, INC. at 07:51Comments(0)ペット事業

2012年06月12日

視点の差



若者の内向き志向が止まらない?

以前大手上場企業役員様が
「最近の若い人は保守的なのか、向上心がないのか・・・
海外赴任は希望しません!と面接時に言う子が多い」

と嘆いておられました。

留学志願者数の減少からも、
確かに世界に目を向け、貪欲に打ち込もうとする人が減ってきているような気がします。

しかし、いるところにはわんさかいますね!
ITAインターンシップ

現在ご縁あって、昨年アメリカでインターンを修了された
現役学生さんと一緒に某プロジェクトに携わっておりますが、
世界に目を向け、肌で感じた人は全く違います。

私もまだまだ若者の端くれ。
「実践」に遅いという言葉はありませんね。


  


Posted by AIGC, INC. at 07:59Comments(0)学び

2012年06月10日

ウマウマです!



CLUB ANTIQUE
名古屋発祥のパン屋さん

お店の看板メニュー「チョコリング」

どこにプレゼントしても喜ばれます。

是非ご賞味あれ!


PS:
最近クルミ入りになってちょっと残念・・・・

  


Posted by AIGC, INC. at 05:55Comments(0)プライベート

2012年06月08日

私の周囲は皆真逆ですが・・・



こうなって、ああなって、結果そうなって・・・・・・・・・

物事を頭で考え、納得しないと気が済まない。

悪いことではないのかもしれませんが、
時に表面的な現象ばかりに囚われてしまい
正しい判断が出来ないものです。

意識しないと人間変わりませんね。






  

Posted by AIGC, INC. at 06:26Comments(0)学び

2012年06月07日

心の会話





久しぶりに子供の先生をした。
下は4歳~上は11歳まで。

あらためて解ったこと。
幼児にとって私は非常に興味深い存在らしい。

所用で訪れた幼稚園で大騒ぎになり、
保母さん達を唖然とさせたことがあったが、
幼児の目には私のことが普通の大人には映らないらしい。

今回も初対面にも関わらず
あっという間に幼児に囲まれて大変な騒ぎになった。

自分でも不思議ですが、
ただひとつ自覚していることは、
幼児の心の訴えが自然と聞こえるため、
それに対し心の声で返答しているということ。

私の勝手な想像だが、幼児は思いを言語で表現出来ない時がある。
感極まった時、恥ずかしい時、悲しい時、怖い時など、
そんな時、我々大人も言語に頼らず、また先入観を全て捨て、
彼らの心の声をキャッチし、会話してあげることが大事だと思っている。

この件をどう捉えるかは人それぞれですが、
実はこれ、ペット(犬)を飼育する上で最も大事なこと。
言語に頼り過ぎる飼い主は犬とのコミュニケーションが巧くないのです。


最後にもうひとつ解ったこと。
最近の小学生の女子は既に「ギャル化」しているということ。
まだ尻の青い10~11歳の女の子が集団形成を作り、
小生意気に弁がたつのです。
私など手の上で転がされていました(笑)

  
タグ :幼児教育


Posted by AIGC, INC. at 06:41Comments(0)刺激を受けた話

2012年06月06日

石油よりも高い?



先日我が家の浄水器が突然詰まり、機能が低下しました。
メーカーに対応して頂いたところ、
カートリッジから金属物質が検出されました。それが根詰まりの原因となり、
機能低下に繋がったようです。
流石世界の○ナソニックさん!迅速で確実なアフターフォローです。

浄水器など全く無用。
山の湧水をそのまま飲んでいたな田舎育ちのため、
蛇口からは最低限綺麗な水が出るだろう・・・と過信していました。

10年程前、
月山の麓の町で行われた国際的水シンポジウムに出席した
中東イスラエルの外交官が宿泊先ホテルで
源泉垂れ流しのお風呂に入り大変感動したという話があります。

「私の国では水をトルコからタンカーで輸入しています。
こんなに美しい水でこんなに贅沢なことが出きる日本が羨ましい」
彼は言ったそうです。

当たり前のことを当たり前と思わないこと、
そこから小さな感謝が生まれてくるのだと感じます。
  

Posted by AIGC, INC. at 08:55Comments(0)学び

2012年06月05日

こういう人なら命を預けられます!



僕は自分の爪はハサミで切りますが、これが結構術中役に立ちます。
ピタッと切りたいところで切って、止めたいところで止める。
手術中には右手が使えない場面もあるので、左手で爪を切るのはいい練習になるのです。
左右のバランスを取るために、意識して皿洗いを手伝ったこともありました。


凄いなぁと思います。

私も選手として剣道に打ち込んでいた時代、
両手のバランスを整えるため、左手で食事をしたり、
足さばきの訓練のため、すり足で歩行したり、
動体視力を養うため、駅では通り過ぎる電車を目で追ったり、
左足の脚力強化のため階段は必ず右足から登ったり・・・・・・・
自然と24時間全てが剣道の稽古でした。


「好きこそものの上手なれ」


どんな仕事でもプロ意識を持つことは大切とされますが、
自分の仕事を愛し、誇りに思えば、自然とそういう境地に立てるような気がします。





  

Posted by AIGC, INC. at 07:11Comments(0)学び

2012年06月04日

モノではないけど商品だし・・・・


産経ニュースより

動物愛護法改正施行が6月1日にスタート。
施行後数日経過しましたが、
早速各地で賛否両論の声が挙がっているようです。
産経ニュース

知人のペットショップでも20時以降展示販売出来ないため、
犬猫専門スタッフの勤務シフトを変更。
また愛知を拠点にネオン街をターゲットにした
大手ペットショップも売上減少は必須。
グッズ販売強化など、立て直しが急務と経営陣が話していました。

賛否両論、ショップ経営者の立場からは色々あるかと思いますが、
犬猫を家族に迎えようと真剣に考える人は
お店の営業スタイルに合わせますから、
少しは良い方向に進むのではないかと期待しています。

  

Posted by AIGC, INC. at 06:16Comments(0)ペット事業

2012年06月03日

変わった特技?


近所の公園を散歩中、水場に「イタチ」を発見。
30m以上離れていたため、ニホンイタチ?チョウセンイタチ?
見分けることが出来ませんでした。


昔から動物を見つけることが特技です。
どこに行っても様々な生き物の姿が勝手に目に留まります。
同行者がいるときは教えてあげるのですが、
皆さん「よく気付いたね・・・」驚かれます(笑)
意識しているわけないので自分でも不思議です。

動物と波長が合ってしまうのかもしれません。

ところで皇居のタヌキさん
其の後どうなったのでしょうか。



  

Posted by AIGC, INC. at 06:54Comments(0)プライベート

2012年06月02日

水のように・・・・・



骨は細く未形成、筋力は発達しておらず
実に弱々しい。

しかし「握り拳」だけは力強く、固い!

そして散々泣きわめいても声が枯れ、喉が潰れることはない!

赤ん坊って不思議な生き物だと感じます。

上善如水。水善利萬物而不爭。

柔軟で無駄のない自然体を目指したいものです。

  

Posted by AIGC, INC. at 08:59Comments(0)学び

2012年06月01日

残心



アメリカで起業 シカゴで働く社長ブログの小坂CEO。
事あるごとにお祝いを賜わり、大変恐縮です。
ご多忙な日々の中にあっても常に心に余力を残し、他に心を運ばれる。
学ばせて頂いております。

剣道でいうところの「残心」ですね。
20年以上剣の修行に打ち込んできたはずですが、
私など全く余裕が無くなり、身内事まで疎かになりがちです・・・・・

運が良いのか、
メンター、諸先輩方と人脈には大変恵まれています。
有難いです。



  

Posted by AIGC, INC. at 06:45Comments(0)学び