› AIGC, Inc. › 2012年02月28日

2012年02月28日

極上です!是非一度お試しください。



NHK 「仕事の流儀」 第176回 成瀬 正氏

成瀬さんは代々続く地元のパン屋さん。
私は彼のお父様が作ったコッペパンを小学~中学までの9年間食べて育ちました。
大きく「なるせ」と書かれたパントレイが印象的です。
学校給食用のパン工場の他にも店舗運営もされており、
実家の近所だったこともあり、週に1度は母が食パンを求めに行っていました。
私は時々買って貰う動物の似顔絵が描かれたメロンパンが大好きでした。

現在は息子さんである正さんが「TRINBLUE」を経営されています。
サックサクのパイ生地が何とも言えない食感で、
その美味しさに遠方から足を運ばれる方も少なくないようです。

彼が言っていた言葉が印象的でした。

あきらめたらそこでお終い!

今でこそ大繁盛のお店ですが、
オープン当時は非常にご苦労されたようです。

どんなに素晴らしいものを提供しても直ぐに認められるわけではない。
私も起業家として身をもって経験しております。

今も彼は極上をめざしパンを焼き続けながら、
次世代を担う若者達にその技を伝授するため弟子の育成にも注力されています。

飛騨人らしい心意気に共感致します。  

Posted by AIGC, INC. at 07:39Comments(0)プライベート