› AIGC, Inc. › 2011年11月

2011年11月30日

特技はサーカスだけ?



トイプードルのカリンとフーガが警察犬認定

シャパードやラブラドールなど、警察犬には大型犬が多い中で
小型犬のプードルが活躍することは素晴らしいことだと思います。
サーカスだけが取り柄ではないことが証明されたのではないでしょうか。

トイプードルは「トイグループ」に属する犬種で
ペットとしてイメージの強い犬ですが、元々は猟犬が先祖です。
特にヨーロッパでは三大珍味トリュフ収穫犬として活躍した歴史があり、
特に嗅覚が優れた犬種。

我々日本人はその犬種の持つ特性を活かすことが下手な国民のようで
つい可愛いだけのペットにしてしまいます。

子供教育も同様ですが、その仔の長所を見極め、能力を伸ばし活かしてあげる、
親(飼い主)の大切な責任だと思います。
  


Posted by AIGC, INC. at 07:08Comments(0)ペット事業

2011年11月29日

生はダメ?



先日お客さんに「犬に生肉っていいの?」と聞かれました。

健康な犬であれば、是非生肉を与えて欲しい!

生肉を食べることで

:多くのバクテリアが体内に取り込まれる
:免疫機能が活性化する
:消化吸収が緩やかなので満足感が違う

またレバーにはビタミンAをはじめ、B群、葉酸、パントテン酸、
ビオチン、鉄、亜鉛、銅など微量元素も豊富に含まれおり、
これ以上ないサプリ級食材です。

以前ドイツを旅した時立ち寄った肉屋さんには
人間用コーナーの横に犬用?コーナーが設けてあり、
切り落としや生骨などを提供していました。
「生食文化」が根付いている証拠だと思います。

※注意
母乳を一定期間しっかり飲み、腸内環境の整った
健康な犬であれば問題ないが、そうでない犬も多い日本では
まずは少量を与え様子を見ながら与えることを勧めます。

  


Posted by AIGC, INC. at 07:12Comments(0)ペット事業

2011年11月28日

世界最強!



世界最強の犬用服?

ネタとしては面白いですね。

こんなのもありました。


個人的には犬洋服は反対派です。
犬が求めていないことを人間のエゴで押し付けることはどうかと。

ただ例外として寒さに弱い犬や老犬に防寒用、猟犬などブッシュで怪我をしなように
防傷用はいいと思います。

弊社でもFILSON社(米国)のドッグコートを扱っています。

8.5オンスシェルタークロスオイルフィッシュ(綿100%)
丈夫で耐久性に優れ、米軍のテント素材にも採用されています。
表面にはワックスが加工され、防止性にも優れています。



  


Posted by AIGC, INC. at 07:17Comments(0)ペット事業

2011年11月27日

好物だらけで幸せ~



高校時代ランチタイムになると購買に走って「揚げパン」を買ったのを思い出します。

早朝5時から朝練をするため昼まで空腹が耐えらえない。
結局10時にはお弁当が空になり、ランチタイムは購買のお世話になるわけです。
そこでいつも決まって好物の揚げパンとやきそばパン!

昨日仔犬訓練のお宅で大変美味しい揚げパンを頂きました。
揚げパンと言えばあんこ、カレーが定番ですが、メロン、いも、味噌が入っています。
しかも味噌の中身は味噌カツ、メロンの中身は果肉たっぷりクリームなどなど・・・
どれも本格的。購買の揚げパンとはレベルが違いました(笑)

更に通り掛かったという友人が「かりんとう」を届けてくれていました。
これまた私の好物!!

昔ながらの素朴な味はいいですね~

昨日は好物だらけの幸せな1日でした。

皆さんホントにありがとう!
  

Posted by AIGC, INC. at 07:27Comments(0)プライベート

2011年11月26日

100%ナチュラルの力!!



100%ナチュラル原料で製造されたペットケア用品(アメリカ製)

国内には「オーガニック」用品が溢れていますが、実際は100%安心、安全とは言いきれません。
石油成分、防腐剤、着色料、化学製品、香料などさまざまな有害物質が含まれている製品が
非常に多いのが現状です。

「SITKAS」は、米国で一番厳しいと言われるOCTO、USDA、Earthkosher認定を受けた
オーガニックハーブをベースに完全天然成分のみで製造。

有害物質は一切含まれていません!

ペットにやさしく!飼い主にやさしく!地球にやさしく!

ペットは勿論、飼い主さんにも地球(環境)にも良い製品の推進活動に力を入れています。

取扱い店様募集中!!コチラまで  


Posted by AIGC, INC. at 07:08Comments(2)ペット事業

2011年11月25日

他人のふんどしを汚すわけには・・・



昨日から東京~千葉と出張しております。

弊社では海外(特に欧州、北米)メーカー様の日本市場進出のお手伝いをさせて頂いております。

メーカー様の精魂込められた商品の素晴らしさを120%伝えていく、
並大抵ではありませんが、気持ちの良い取り組みです。  


Posted by AIGC, INC. at 10:04Comments(0)ペット事業

2011年11月24日

愛別離苦



義母が退院した。
検査入院で約1ヵ月。
素性の悪さから先生他看護師さんには多大なご迷惑をかけましたが、
最悪の検査結果は避けられたようで安心しました。

ただ入院中、義母が可愛がっていた愛犬が他界。
一人暮らしの義母は寂しい自宅に帰ることになるため、
泣く泣く我が家の愛猫をホームステイさせることに。

過去野良猫?と皆がビックリする程容姿端麗で、
絶対人に爪を立てることの無い優しい性格の猫。
人間の言葉(気持ち)も驚く程理解出来る仔です。

一時の別れになるのか.....永遠の別れになるのか......
猫のいない我が家はどこかどんより寂しい感じがします。

義母の活力が戻り、以前のように元気に職場復帰できることを祈ります。
  

Posted by AIGC, INC. at 08:44Comments(0)プライベート

2011年11月23日

悔しいけど・・・・



無からだとはじめてわかる人のありがたさ

私は非常に単純な男だと思う。

支えてくれる周囲の人と喜んでくれるお客様のため、
人が喜び、幸せに感じてくれることがホントに嬉しい。
これ程心の支えになるものはないし、自分がやっている価値を見出せる気がする。

私がやりたいこと。

「犬を通じて喜びや幸せを分かち合うこと」


  

Posted by AIGC, INC. at 08:17Comments(0)学び

2011年11月22日

犬が教えてくれるダイエット法



よく「腹式呼吸をしないさい!」と言われますが、慣れない方にとっては意外に難しいですよね。
特に女性は胸式呼吸の方が多いようで実践するのも大変だと思います。

そんな時は犬にやり方を聞いてください!

犬は言うはずです。
「僕のマネをすればいいんだよ!」

何とくだらないネタを書いているのか......自分でも呆れますが。

試しに
あ~と軽く口を開け、舌の力を抜いて犬のように「ハア~ハア~」と呼吸してみてください。
お腹(横隔膜)が動くのを感じれるはずです。

その感覚で大きく深呼吸すれば、これが腹式呼吸です。

ヨガ、仏教では座禅の時などに腹式呼吸をすると良いと言われ、最近では健康、
ダイエットにも効果があると言われています。

簡単ですから是非試してみてください。
  

Posted by AIGC, INC. at 07:28Comments(0)学び

2011年11月21日

15000人の期待に応えるために



介助犬
日本ではまだまだ認知度が低いですが、我々の手足となり、ドアの開閉、物を拾うなど、
生活のお手伝いをしてくれる犬です。

昨日某ドッグイベントに行き、介助犬協会の方に現状について色々伺いました。

日本では約15000人が介助犬を希望しているそうですが、
現在までに介助犬として認定を受けた犬は僅か51頭。
全く足りていない状態です。
介助犬になるためには厳しい適正検査に合格しなくてはいけません。
合格率は約3割だそうです。
そこから更に訓練を重ねてようやく一人前の介助犬になるわけです。
介助犬1頭仕上げるために掛る費用は300万円~
なかなか大変な取り組みです。

犬の訓練は根気と時間が掛ります。1歩進んで2歩後退なんてことも当然あります。
また一般的な家庭犬訓練と違い介助犬訓練はより高度な完成度が求められますから、
その努力は壮絶だと思います。
協会の方々には是非頑張って欲しいと思いますし、
当然お金も掛りますから、企業も宣伝ばかりに注ぎ込まず、どんどん支援して欲しいと思います。  


Posted by AIGC, INC. at 07:27Comments(0)ペット事業

2011年11月20日

あれから9ヵ月



今年2月にカリフォルニア州にお届けしたスウェーデンフラットコテッドレトリーバー
女の子カイちゃんが1歳を迎えました。

おめでとうございます!!

事情があってスウェーデンからニュージャージー経由でロサンゼルスに降り立ったカイちゃん。
2日間で10,000km以上の長旅にも関わらず全く疲れ知らず。
ニュージャージーではホテルオーナーの心遣いで寝食を共にしたのですが、心配をよそに快眠・快食。
普通急激な環境の変化でご飯を食べない仔や不安から夜泣きする仔が多いのですが、
カイちゃんに関しては全く心配ありませんでした。
メンタルの強さ、適応能力、強靭な肉体の賜物であり、スウェーデンの犬作りの凄さを思い知らされた経験でした。

また、カイちゃんを迎えて下さったカリフォルニアのお客様には、御心こもったおもてなしを頂いたことが
今でも嬉しく想い出されます。
日本食が恋しいだろう...お気遣い頂き、手作りおにぎりと味噌汁をご馳走になりました。

本当、本当に美味しく、嬉しく、感激しました。

また土地勘の無いニュージャージーでは奥山先生をタクシー変わりに使ってしまい・・・・
大変お世話になりました。
ロスの「HONDA」ではアメリカにおいでよ!様と店長さんのお取り計らいによりサプライズで感動させて頂きました。
有難うございました。



また皆さんに逢いたいです。
  


Posted by AIGC, INC. at 06:59Comments(0)アメリカ

2011年11月19日

偏見を取り除くことの大切さ



犬派?猫派?
ペットの代表と言えば、犬か猫でしょうか。

犬派に言わせれば犬が最高の家族!
猫派に言わせれば猫が最高の家族!なんだと思います。

ではいったいどちらが本当に理想のペットなのか?
ここに犬猫を比べた研究結果があります。

=脳=
犬の脳の重量平均64グラム、猫は25グラム。しかし、身体の大きさに対する脳の割合は、
猫の方が僅かに大きい。
知能はさておき、神経解剖学的に脳の皮質に存在する神経細胞数を比較してみると、
その数は猫3億に対して犬は1億6千万しかない。

=理解力=
あるボーダーコリーは200以上のコマンド(言葉)を理解したと言います。
一方猫も犬同様の行動パターンや能力を持っていると言われているのですが、
大きく異なるのは、基本的に猫は人に従ったり誘導されたりしないということ。

=有用性=
狩りや護衛に始まり、薬物や爆発物の処理の手伝いまでしてくれる犬。
最近では身体の不自由な人の介助や災害時の救助と犬の仕事は枚挙にいとまがありません。
一方猫と言えばネズミ退治?くらいです。

=訓練のし易さ=
犬は言うまでもなく訓練のし易い動物。
人との生活にフィットするよう、訓練し易く従順になるように選択繁殖が行われてきました。
一方猫は犬のようにトレーニングを行うことが無いのでその能力については明らかにされていません。

以上の結果だけ見ると犬の方が勝っているように感じますが、
しかし下記ビデオをご覧頂くと猫への見方も変わるのではないでしょうか。

  


Posted by AIGC, INC. at 07:13Comments(0)ペット事業

2011年11月18日

皆さんの身近にいること知っていますか?



秘かに都会に暮らす謎の生き物

正体はハクビシン
頭胴長約61 - 66cm、尾長約40cm、体重2 - 3kg程度[2]。オスのほうがメスよりひと回り大きい。
ネコのような体つきで鼻すじが長い。体は暗い灰褐色で頭、手足、尾が黒い。
額から鼻にかけて白い線があり、頬も白い。オス、メス共に性器のそばにウズラの卵より
ひと回り大きな「会陰腺」を持っている。足指の数は前後共に5本である。これによって、
足指の数が4本のタヌキなどと足跡を見分けることが出来る。
wikipedia

完全な夜行性で、昼間は屋根裏、公園、お寺などに潜んでいます。
大きなニュースにはなりませんが、住宅侵入、農作物荒らしが報告されており、
平成21年の調査では被害総額約3億円とか。
3億!と聞くと驚くかもしれませんが、カラス21億、イノシシ56億、シカは71億円の被害ですから、
比較的少ない方からしれません。

生息数は年々増加しており、全国での捕獲数も平成16年1280頭、平成18年3463頭、
平成20年5217頭と増えています。

外来種と言われるハクビシンが日本で固有化したことは結果的に残念ですが、
日本という限られた国土(環境)の中で、野生動物と上手に共存していくためにも、
彼らの生態系をよく知り、適切な対策を講じることで可能になるのではないかと思っています。

猫や犬を飼えば彼らも容易には近付かないかも??  
タグ :番犬


Posted by AIGC, INC. at 07:13Comments(0)プライベート

2011年11月17日

足のあるイルカ?



足があるイルカ?

先日興味深いニュースが流れていました。

和歌山県太地町で2006年に捕獲された「腹びれ」を持つ
極めて珍しいイルカについて、東京海洋大などの研究チームは14日、腹びれをエックス線撮影した結果、
内部に指などの骨を確認したと発表した。米フロリダ州で開かれる国際海産哺乳類学会で28日に発表する。




イルカは太古の昔陸上生物だったと言われており、今回の発見が彼らの進化の過程の謎を解く
鍵になるのかもしれません。

  

Posted by AIGC, INC. at 05:24Comments(0)学び

2011年11月16日

初めてのプレゼント



ヤドカリじゃありません!

愛猫が仔猫時代に買ってあげたベッド。
フエルトを紡いだ職人の手作りです。価格は2万円弱。
生後間もない捨て猫だったため、つい情が入り贅沢をしてしました。

このベッド、流石職人技。量産品とはモノが違います。
紡いだとは思えない丁寧な作りで、ずっしり存在感があります。
少し小さくなりましたが今でも愛猫のお気に入りです。  


Posted by AIGC, INC. at 06:18Comments(0)プライベート

2011年11月15日

影の立役者?



「SEAL Team6」
オサマ・ビンラディン殺害で一躍有名になった米国最強集団です。
※SEAL Team6というのは非公式な俗称で、本名は極秘に伏せられています。

実は彼らがビンラディンを襲撃した際、一緒に活躍した犬がいたのですがご存知でしたか?
ベルジアン・マリノアというベルギー原産の犬で、名はCairo(カイロ)。
オバマ大統領の慰労会にも参加が許された、その功績を称えられました。
実際カイロの活躍がなかったらプロジェクトの成功はなかったとも言われています。

米国では特殊任務に同行する軍用犬の存在は珍しくありません。
彼らの任務は武器・カメラを取り付け、爆発物を嗅ぎ回り、兵士に貴重な情報を提供することです。
武装した敵がいれば襲い掛ることもあります。



当然敵に襲われる、爆撃を受ける犠牲犬もいるはずです。

犬は飼い主と楽しみたい、喜ばしたいという感情を持っていると思いますが、
正義感、国家のためなどという忠誠心を持っているとは思えません。
出来れば命(犬)ではなく、科学技術を使って貰いたい、愛犬家として強く願います。
  


Posted by AIGC, INC. at 07:37Comments(0)ペット事業

2011年11月14日

ワイン100円?



サイゼリアのコストパフォーマンスは強烈かも。

イタリアン派ではなく、普段それ程気に留めないサイゼリアですが、
ワイン100円、パスタ、ドリア300円以下で営業利益10%以上!
驚異的数字だと思うのは私だけでしょうか。

しかも社員も納得のいく賃金を貰っているらしく(31歳平均年収600万)
社員もお客も喜べるパフォーマンスを生み出すサイゼリアは凄いかもしれません。

「自分の店の料理はうまい」と思ってはいけない。それこそが悲劇の始まりだと私は思っている。
なぜなら、「自分の店の料理はうまいと思ってしまったら、売れないのはお客が悪い。景気が悪い」
と考えるしかなくなってしまうからだ。商売とは、お客様に喜ばれるという形で社会に貢献し続けることなのに、
そんな風に考えてしまったら、もう改善を進められなくなってしまう。
別の言い方をすると、「良いモノは売れる……」という考え方は、地球の周りを太陽や惑星が回っているという
昔の世界観「天動説」と同じだ。自分たちにとって都合良く世界を見ようとするのではなく、
物事をありのままに見ようと、我々は努力しなければならない。
科学は実験を通して、自分の仮説(思い込み)が間違っていることを教えてくれる。<中略>だから、
我々もより良い状態を目指し続けなければならない。
本書のタイトル「おいしいから売れるのではない。売れているのがおいしい料理だ」には、
目の前の現実を謙虚に受け入れて、本当にお客様が満足されることは何かを見極めようという私の思いを込めている。
かけがえのない人生の中で、商売を通して社会に貢献し、仲間と楽しく仕事をしていきたいと思っている
すべてのビジネスパーソンに、この本が少しでも役立ってくれれば、これ以上の喜びはない。 正垣泰彦


利他の心が基本だということですね。  


Posted by AIGC, INC. at 07:11Comments(0)学び

2011年11月13日

起きろ~



動物には癒されますね。

我が家の猫は、自由気まま。
普段はどこかに行っていますが、私が帰宅すると必ずどこからともなく現れます。
どこにいるかは不明です。
先日別の車で帰宅したところ、近くまで来たものの警戒しながら様子を伺っていました。
多分私の車を認識しているようです。

ご飯食べますか?と聞くと「ウニャフニャ●△■・・・」と訳の分からない言葉を話ますが、
多分「食べる~!!」と言っているのだと思います。

どちらかと言えば犬派ですが、それぞれに個性があり、日々癒されています。
付かず離れずの愛猫ですが、その距離感が何とも言えず。
可愛いですね!
  


Posted by AIGC, INC. at 16:06Comments(0)プライベート

2011年11月12日

エイリアンが我々を救う?



エイリアンのようなこの生物の名は?

ハダカデバネズミ
体長8-9cm、尾長3-4.5cm、体重30ー80gとデバネズミ科最小種。
体表には接触に対して感度の高い細かい体毛しか生えていない。
口唇が門歯の後ろで閉じるようになっており、穴を掘るときに土が口内に侵入するのを防いでいる。
体毛が無いことや環境の変動が少ない地中で生活するためか、体温を調節する機能がなく体温も低い。
wikipediaより

このネズミ寿命が28~30年!
一般的なネズミの寿命は1~3年ですから驚異的な数字です。
さらに癌に対すす耐性が高く、これまでハダカデバネズミに癌が発見されたことはないそうです。
これについてリバプール・ハーバード大学の研究チームによると、普通のネズミと比べてハダカデバネズミは
ある特定の遺伝子活動が大変活発なことがわかり、チームはこの遺伝子が生物の健康の秘密ではないかとみています。

MEISTERがメインに扱うフラットコーテッドレトリーバーも癌の発生率が高いことで有名な犬種です。
現在スウェーデンの豊富なデータベースを利用し、イギリスの研究チームが解明を急いでいます。

人間も犬でも一緒ですが、ストレスが万病の素だと言われています。
出来るだけストレスを持ち越さない、生活を心掛けたいものです。
  


Posted by AIGC, INC. at 07:31Comments(4)学び

2011年11月11日

13世紀の研究者が発見?




人は愛を注がれて成長してさえいれば、自ずと成長動機となるものを見つけ、自己を磨き、使命を達成し、可能性までもを達成でき、自己実現に繋がっていきます。
でも、この自己実現の直前の段階で、家庭、職場、仲間等から愛されたい認められたいという気持ちが満たされないと、悲しみ、恐怖、不安などが時間の経過と共に増幅してゆき、酷い場合はストレス障害、心身症や鬱状態へと陥り、自己実現できなくなるものでもあります。
完璧な教育や指導の方法というものは世の中に存在しませんが、教育や指導に「愛」だけは「絶対」必要だと言えます。
それは人が「生きていく」ために絶対に必要だからです。愛を注ぐのは、血を分けた親だけ、の役目ではありません。

神聖ローマ帝国の皇帝が実施した実験は有名で、残酷だったのですが・・・
話し声や子守唄を聞かずに育った子供はどんな言葉を話すのか?といった実験だったと思います。
皇帝は、孤児(0歳児)を集め2つのグループに分けました。
1つのグループには乳母が愛情持って一般の親が育てるように育てました。
もう1つのグループは乳母に最低限の世話だけさせ、抱っこも愛撫も無しに育てました。
両グループには言葉や子守唄など聞かせません。
・・・すると後者のグループは全員が発話時期に成長する前に死んでしまったのです。
皇帝もまさか死に至ってしまうとは想像もしていなかったでしょうが。

いかに愛あるコミュニケーションが大切かということです。
人間は、愛なくては生きられない程、とても弱い生き物なんですね。
だからこそ指導者たる者は愛をもって接しなくてはなりません。
そのような者が導かれる側の者の事を全て知っているかのように勘違いして振る舞っている内は、指導者として持つべき真の愛に気付くことなく、導かれる者は反発し離れていくことでしょう。
自立という意味ではなくて。
そしてこの勘違いしてるような「思い込み愛」なるものは、一方通行であったり、口出しし過ぎたり、手を抜いたり、誉め無さ過ぎたり、お金を与えるだけだったりというのは、たんに、過保護、信頼不足、愛情不足、感謝不足、過信が要因しているだけですから、真の愛ではないんですよね。。。
真の愛があれば必ず人の心は動きますから。


NHKで200組以上の親子を指導してきた弊社TOMOKOのコメントです。

犬との関係、教育も同じことが言えるのではないでしょうか。

身勝手自己満足の愛、甘やかしだけでは彼らとの信頼関係は構築されません。
犬本意の愛が必要なのですね。

犬本意の愛とは何か?
それに気付いた時、人に対しても利他的な心遣いが自然に出来るのではないかと思います。


日々精進!
ドッグナビゲーター




  


Posted by AIGC, INC. at 07:01Comments(0)学び

2011年11月10日

ヘイ・シー・トゥー



チャウチャウ(中国広東省原産)
がっしりとした体格で、マズルが短い。顔はしかめっ面のように見えるが、
これは決して皺で形成されない、舌が青黒い。
この特徴は青舌と呼ばれ、チャウチャウと血統的なかかわりがある犬種(キンタマーニ・ドッグなど)や、
ユーラシア大陸北方がルーツの古代犬種(北海道犬など)、兄弟種と見られるシャー・ペイにも時折現れる
珍しい特徴である。耳は立ち耳。半垂れ耳やどの部分であっても途中で折れる耳は欠点である。
コートはもこもことした厚い毛に覆われ、尾は真っ直ぐで背中に背負って、ふさふさしている。
後脚が棒状になっているため、竹馬の様なぎこちない歩き方をする。性格は穏和で物静かだが、
生真面目で家族以外には警戒心が強く、超然とした一面もある。
体高はオスが48-56cm、メスが46-51cmで体重は25-27kgの中型である。
wikipediaより

幼少時代、近所の精肉店の亭主が犬好きでチャウチャウを飼っていました。
田舎ですから大変珍しく、犬種を図鑑で調べ、毎日見に行った記憶があります。

最近はめっきり見掛けなくなり、
一般家庭では殆ど飼っていないのではないでしょうか。

ポルトガルの知人が熱心にブリードしています。
チャウチャウに限らず、欧州では犬種ごとに根強いファンがおり、大切に守っています。


  
タグ :中国犬


Posted by AIGC, INC. at 07:36Comments(0)ペット事業

2011年11月09日

安愚楽と東京畜犬の共通点



負債総額4300億円!
栃木県那須塩原に本社を置く「安愚楽牧場」が経営破綻。
NHKでも特集が組まれ、大きな反響を呼んでいます。

安愚楽牧場のビジネススキームは、出資者が同社に売買・飼養委託契約金を払い込み、
繁殖母牛の飼養委託契約を締結する。
契約期間中に子牛が生まれた場合、飼養管理費を差し引いた買い取り代金が
出資者に配当として支払われるというもの。
要はお金を出して母牛のオーナーになってその牛が仔牛を産んで売れたら数%あげますよ!
という単純なものです。
安定的に実質5~8%の利息が見込めると謳っていたらしいですから、全く呆れます。

牛(黒毛和牛)の妊娠期間は6~7ヵ月。
出産後、仔牛を数カ月育成し、生後9~12ヵ月程でセリにかけます。
平均40万円前後で落札されるそうです。
その後母牛は約2~3ヵ月の休養を経て、また人工(自然)授精させます。
健康な牛であれば一生涯で6~7回出産をさせることが可能。
一度に1~2頭仔牛を産むわけですから、6~14頭生産出来る計算です。

しかし全てが健康な牛とは限りません。
受胎しない牛もいます。途中で病気に罹る牛、死んでしまう牛もいます。
仔牛が無事に育たない、伝染病の蔓延など、生き物ですからさまざまな問題が降り掛かります。
また利潤目的で無理な繁殖を行えば当然母牛に負担が掛ります。
牛の健康を重視しない繁殖からは良い仔牛は産まれず、結果安値で取引されていきます。

中には1億円出資した人もいたようでが、世の中甘い話など無いということです。

安愚楽牧場事件を見ると、「東京畜犬」を思い出します。昭和最大の犬事件です。
スキームは安愚楽に似ています。
出資者に保証金(出資金)を出させ雌犬を飼育させる。
その雌犬から仔犬が産まれたら同社が買い取るという単純なもの。
10万世帯との間で15万匹の契約をし、年商70億とも言われる勢力を築きました。
しかし安愚楽同様、相手は生き物ですから巧くいくはずがありません。
出資者(飼育者)はお金欲しさから無謀な乱繁殖を繰り返します。
知識も何もない素人が繁殖するわけですから生まれてきた仔犬は悲惨な状態。
そんな犬が売れるはずも無く・・・結局東京畜犬は40億円の負債を抱え倒産。

目に見えた結果ですが、犠牲になった犬達のことを思うと胸が痛みます。

ちなみに当時1200人いた幹部・社員は、その後全国に散らばりペットショップを経営。
現在老舗と呼ばれるお店の多くはここに由来します。
知っていて損は無い話だと思います。

命を扱う事業が悪いわけではないと思います。
しかし彼らの健康を一番に考えられないような事業展開では必ず衰退します。

天地自然の理に逆らってはいけないということですね。  


Posted by AIGC, INC. at 07:05Comments(0)学び

2011年11月08日

外車のエキスパート



フレームだけで40万円以上!
各パーツを組み合わせると・・・・・70~80万円は下らないとか。

愛車メンテナンスのため、知人が経営する外車ディラーを訪問。
日本に数十台?AlfaRomeoの限定車と一緒に並ぶ知人のトライアスロン用自転車。

犬のために100万円費やすことに抵抗が無い人もいれば、自転車に70~80万円費やす人もいる。
価値観なんて他人には理解出来ないものですね。

知人は大学時代から外車を扱い、かれこれ30年!
Volvo,Audi,Mercedes Benz, AlfaRomeoなど各専門ディーラーから
良質の下取り車を優先的に仕入れ、お得意様に提供しています。
彼の扱う車しか購入しない!というリピーターが多く、彼の人柄が伺えます。

犬でも車でも結局は人なんですね。  


Posted by AIGC, INC. at 06:48Comments(0)学び

2011年11月07日

紳士になるために


ジョン・F・ケネディ元アメリカ合衆国大統領と愛犬ウェルッシュ・テリア

犬は紳士である

名言を残したのは、「トムソーヤの冒険」の著者マーク・ウェイン。
どうせ行くなら、人間のところではなく、彼らの天国に行きたい!友人に宛てた手紙にそう綴ったそうです。

犬大国フランスに行くと、公園や海辺のベンチに座る老人の横には必ず老いた犬が寄り添い、昼寝をしています。
ポカポカした陽だまりの中、のんびりと時を過ごす二人。
その光景を見ると犬は愛玩的存在ではなく、互いを尊重し合い、長い人生を共に過ごした「友」であり、
パートナーなのだと思います。
こういう友を持ち、悠々自適、時を過ごす、まさに贅沢な生き方です。

犬は人間よりもはるかに寛容で慈悲深い生き物です。
純粋な瞳で主を見上げ、無限の愛を捧げます。
どんなに落ち込んでいようとも、全身で我々の味方であることを示してくれます。
我々はそんな犬に応えなければいけません。
優しさ、厳しさ、寛大さ・・・・責任の重さを教えてくれます。

犬こそ最高の友なのです!

そして我々の過ちや愚行を全て受け入れ、なおも信頼を失わない彼らこそ、
真の‘紳士‘なのだと思います。

歴代大統領は必ず犬を飼っていますし、飼っていなければ新たに迎えます。

男児の永遠のテーマ:紳士とはなんぞや?
まずは犬を飼うことで彼らからヒントが貰えるかもしれません。


  


Posted by AIGC, INC. at 06:37Comments(0)学び

2011年11月06日

古き良き時代の楽しむ



心和む乳白色にぼてっとした柔らかく優しい雰囲気漂うマグ。

1940年アメリカオハイオ州
アンカーホッキング社が耐熱ガラスを原料に製造した「ファイヤーキング」

ファイヤーキングは1970年代まで日常用品として大量生産され、アメリカのほとんどの家庭で、
装飾、食器あるいはキッチン用品などと何らかの形で使用された。
また、丈夫な耐熱ガラスであるファイヤーキングにはレストランウェアーというシリーズがあり、
分厚いマグカップやプレートなどが文字どおりアメリカのレストランやダイナー、ホテル、病院、教会などで使用された。
wikipediaより

ファイヤーキングは1976年に製造が中止され、現在はヴィンテージ物しか入手出来ない。
※2000年に一部復刻盤が発売されました

ハリウッド映画やドラマで使用され、最近では料理番組で有名なマーサ・スチュワートがテレビで使用したことで
益々注目を集め、日本でもファンが急増しました。

私個人もアメリカ出張の際にコツコツと集め、沢山の食器・マグを所有しています。
古くは70年以上前の希少なヴィンテージ物もあり、良品がなかなか手に入らなくなった現在、
大切に守っていきたいと思っています。


愛用中のジェダイ「チョコレートマグ」というシリーズ。マニアの間では大人気のアイテムです。
先日近所のショップのお姉さんからどうしても1個譲って欲しい!!とお願いされ、1個里親に。
  


Posted by AIGC, INC. at 06:43Comments(0)アメリカ

2011年11月05日

同伴出勤が出来るワケ



キャバクラのお姉ちゃんの話ではありせん!犬の話です。

スウェーデンの公共交通機関(電車・バスなど)には犬専用車両が設けらていることが多く、
空港も自由に出入り出来ます。
飲食関係のショップの出入口には犬専用フックがあり、愛犬は大人しく主人の帰りを待っています。
ですからどこに行くにも犬は一緒。日本のように長時間留守番させる必要がないというわけです。

では、仕事中はどうするのか?

全てを会社を把握しているわけではないですが、
HP(ヒューレットパッカード)に勤める友人は職場にも犬を連れて行きます。
会社が犬の同伴を容認しているのです。素晴らしい!!
犬に留守番のストレスを与えず、飼い主も犬の心配をすること無く仕事に打ち込める。
両方にとって良いことです。
犬が職場に齎す効果について以前セントラルミシンガン大学の研究で、
職場に犬がいることで人間関係が向上され、生産効率もUPすると出ていました。
良いことだらけですね。


友人のマティアス

スウェーデンの飼い主は大変責任感が強く、仔犬時期から有識者の下で犬の飼い方と犬の教育を受けます。
飼い主さん自身が教育を受けるというところが注目ですね。
マナーの無い犬を飼うということは育児怠慢・敗北を意味し、恥ずかしくて街も歩けません。

愛犬が他人に迷惑をかけないからこそ、社会全体が犬を受け入れているのです。

「好き」という感情だけで社会は変わりません。
日本の犬社会の未来は、飼い主のマナー向上、犬への意識改革なくして語れませんね。

  


Posted by AIGC, INC. at 07:18Comments(0)北欧

2011年11月04日

終わらないゲーム



毎年11月3日文化の日に行われる「全日本剣道選手権」
全国を予選を勝ち抜いた「心技体」に最も優れた選手が天皇盃獲得を目指し戦うとと共に、
剣道を真価(真意)を広く世に広める日本を象徴する歴史ある大会です。
昭和28年から始まった大会は今年で59回目。

1990年代は神奈川県警の宮崎先生の独占時代でしたが、
ここ10年は覇者が毎年入れ替わり、近年の選手層の厚さが伺えます。

そんな中昨日行われた59回大会の頂点の登りつめた選手は、昨年の覇者神奈川県警の高鍋進選手。

史上二人目の連覇という快挙です!

剣道をご存知ない方にはどれ程凄いことなのか分からないと思いますが、
兎に角凄いことなのです!!(説明になっていませんが・・・)

高鍋選手は私の1つ下の学年で、大阪PL学園時代から合宿や試合などで互いに技を競い合いました。
その後筑波大学に進み、現在は神奈川県警の機動隊で活躍しています。

彼の凄さは人並み外れた「努力」
激戦区神奈川県予選を過去9回突破し全国大会に進出していますが、
1回戦敗退・2回戦敗退・3回戦・・・・3位・・・2位・・・と大変苦しい経験をしています。
その中でも決して諦めることなく努力し、昨年悲願の優勝。そして今年連覇!

人間諦めたらその時点でゲームセット。
続ける限りゲームは終わりません。共に戦った同志として彼の頑張りは励みになります。

心からお祝い申し上げたいと思います。

  

Posted by AIGC, INC. at 06:45Comments(0)学び

2011年11月03日

もう6年です・・・・


母が好きだった赤いバラ

6年前の10月下旬。
「母さんが倒れた。今から緊急手術らしい・・・」
「どうしたんだ?!俺も今から飛んでいくよ」
「脳の血管が切れたらしい・・ちい兄(私の呼び名)は仕事大変だろうから来なくていいよ」
出勤前の早朝5時半頃、田舎の実弟から電話が入った。

田舎の実家までは車で3時間。
仕事柄急に休むことも出来ず、とりあえず出勤。
しかし仕事が手につかない。上司に事情を説明したところ、直ぐに行くべきだと言ってくれた。

病院に着いたのは夕方だった。
実弟に状況を聞いたが、朝から6時間近くオペ室から出て来ないという。
2時間程二人で待った。するとようやくオペ室のドアが開き母がタンカに乗せられ出てきた。
当然意識は無い。

直ぐに担当医に呼ばれた。
大変厳しい手術です、今から再度切れた血管の処置をします。
成功の確率は極めて低いと思って下さい。

この時初めて母が危篤状態だということに気付いた。

また手術が始まった。4時間は経過したと思います。夜10時でした。
オペ室が開く前に再び担当医に呼ばれた。

残念ながら・・・・・・

その後人工呼吸器で1週間、
母と最後の時間を病室で過ごし、彼女は天国に逝った。

絶対弱いところを見せない気丈な女性でした。
試合に負けて落ち込むと
「男がメソメソしてどうするの!悔しかったら練習しなさい!」と厳しく叱責された。
勝てるはずの試合を落とすと庭の犬小屋で寝かされた。
怒られた想い出ばかりのような気がします。
そんな厳しい女性でしたが、母の近くに暮らす実弟曰く、いつも私を心配し、
暇さえあれば私の幼少期のアルバムを眺めていたとそうです。

もし母が生きていたら62歳。
もう少し親孝行したかったなぁ・・・切実に思います。  


Posted by AIGC, INC. at 06:48Comments(0)プライベート