› AIGC, Inc. › 2010年12月

2010年12月31日

終幕・・・感謝!



AIGC第1期終幕。

山あり、谷あり、谷ばかり・・・・

大変多くの学びと大変素晴らしい出逢いの1年でした。

こんな時代に起業出来たこと、こんな時代に生き残れたこと、
沢山の方々に支えられたこと、沢山の方々に学ばせて頂いたこと、
全てに深く感謝。

皆様良いお年をお迎えください。



  

Posted by AIGC, INC. at 16:27Comments(2)ペット×AIGC

2010年12月26日

日本の美食


先日奥様に頂いたお肉

高級なお肉でしたので、
素材の旨みを生かすために和食で頂きました。

心も身体も大満足!!

やっぱり和食は素晴らしいですね。




  
タグ :寿司和牛


Posted by AIGC, INC. at 07:47Comments(0)プライベート

2010年12月24日

感謝を伝えたい



今夜はクリスマスイブ。

昨晩、お世話になっている副社長の奥様から突然高価なお肉と果物詰め合わせが届きましたicon10
慌てて御礼の連絡をしたところ、
「気にしないで!ついでだったから。クリスマスプレゼントだと思って♪」って。
ついでで頂ける様な御品じゃないでしょ・・・(泣)

ここ数日の複雑な思いと、感謝の気持ちとが重なり合い、涙が溢れました。

奥様には普段から公私共に相談に乗って頂くなど、ご理解頂いております。
先日もこの1年の御礼と報告をさせて頂いたばかりです。

私は幸運にも本当に良い方々に支えられ、生かされています。

シカゴの仲間(先輩)は兄貴のような存在で、いつも叱咤激励のメッセージを頂き励まされています。
また、弊社シカゴオフィスの大家さんからも心温まるお歳暮を頂戴しております。

この場をお借りして感謝申し上げます。

ありがとうございます。

お蔭で素敵なクリスマスになりそうです。




スウェーデン友人から沢山のクリスマスカードが届きました。

  

Posted by AIGC, INC. at 06:33Comments(0)プライベート

2010年12月23日

涙が出る話



それで、今日はクリスマスだけど
君達は何をしてきた?
また一年が終わり
新しい年のスタートだ
だから、今日はクリスマス
君達に楽しんでほしい
身近な人に愛しい人に
お年寄りも若い人も

楽しいクリスマスと
良い新年をお迎えください
何の不安もない良い年であることを願いましょう

だから、今日はクリスマス
弱い人へ、それに、強い人へ
富める者へ、それに、貧しい者への
この世の中は全く間違っている
だから、ハッピーなクリスマスを
黒い人へ、それに白い人へ
黄色い人それに赤い人へ
全ての戦いを止めましょう

楽しいクリスマスと
良い新年をお迎えください
何の不安もない良い年であることを願いましょう

それで、今日はクリスマスだけど
私達は何をしてきた?
また一年が終わり
新しい年のスタートだ
だから、ハッピーなクリスマスを
君達に楽しんでほしい
身近な人に愛しい人
お年寄りも若い人も

楽しいクリスマスと
良い新年をお迎えください
何の不安もない良い年であることを願いましょう
戦争は終わった、君たちが望むなら
戦争は今、終わったんだ

ハッピークリスマス!

John Lennon&Yoko Onoの一曲より

弊社役員は子供達の英会話講師をしています。
この時期になるとレッスンの中でこの歌を聞かせてあげるそうです。

彼女は言います。
使命ですから。何のために英語を習っているのか、
自分達がどれだけ幸せなのか、何故戦争が起きるのか、
などなども含めて子供の時からしっかりと知っていて欲しいから。
同時に、今の、そして未来の自分達に何ができるのかも考えて欲しいからです。
いつか彼らに英語を活かして欲しいからです。
柔らかな頭でとにかく考えて貰いたい。。。
そういう事を教えない教育は教育じゃないと思っています。

素晴らしい先生だと思います。

そんな彼女は二児の母です。
こんな話もしてくれました。
実子達にも戦争で苦しむ子供達や人達の写真展に連れて行き観てもらいました。
当時長男は小学1年くらいの頃、1枚の写真の前に立ち止まり泣いていました。
ヒックヒックって肩を揺すって泣いていました。
思いっきり抱きしめてその感情を受け止めましたよ。
勿論軽く傷つかない程度に説明もしましたが。

その写真、犠牲になって怪我している人達の写真ではなく、
同い年くらいの子供が無表情で背丈より大きな銃を構えている写真でした。
...
感じる事は十人十色と思いますが、世界の問題に関しては早い内から見せてやりたい。
何かを感じて何かを目指して欲しい。

ただ、子供達が間違った方向に行かないように周囲の大人は気を付けなければならないけれど、
そんなこと大したことじゃないし、
まずそういった事を知ったからといって間違った方向を歩み始めるなんて考えられないから、
どんどん色んな事を感じて欲しい。

衣食住足りている上に学べている幸せを感じて欲しいと思います。

教育者は学校や塾の先生だけじゃない、親も親戚もそして周囲の大人達すべてが教育者であり、
保護者です。

人は、100人の手がかかってようやく一人前になれるそうですよ。


世の中にはクリスマスも祝えない人達が沢山いるということを、
頭の片隅でもいいから感じてもらいたい。
サンタさんもいいですが折角のこの機会、
彼女のような話を未来を生きる子供達に少しでもいいから伝えてもらいたい。

そんなことを感じました。








  

Posted by AIGC, INC. at 08:24Comments(3)

2010年12月22日

不可解な人物


wikipediaより

エージェント依頼で、ポーランドの犬舎と交渉。

海外交渉は役員が専門的に取り組んでいます。
数年前は犬のことなど全くわかなかった方ですが、
弊社参画後独学で学んでくれました。

交渉はメールが主です。
時に現地に足を運ぶこともありますが、基本メールのみで交渉成立させるところは流石。

今回の交渉も欧州相手だけにかなり難航。
そのような中、昨日役員の送信したメールを見てびっくり!!
ポーランド語!?face08
英語とスウェーデン語が出来るのは知っていましたが、
ポーランド語まで使えたっけ??

IQ170以上、UFO遭遇、霊感、予知・・・不可解な方であることはわかっていましたが、
やっぱり理解出来ません(苦笑)

とは言え、ポーランド交渉もきっちり成立させた凄腕は本物です。


=wikipedia言語別記事数=
2,763,000 英語
872,000 ドイツ語
771,000 フランス語
583,000 ポーランド語
566,000 日本語
545,000 イタリア語
522,000 オランダ語
448,000 スペイン語
462,000 ポルトガル語
363,000 ロシア語

意外ですが、日本語より上位なんですね、ポーランド語。  

Posted by AIGC, INC. at 06:56Comments(0)ペット事業

2010年12月21日

幸せホルモン



犬を飼うことが人間にとってどれ程良いことなのか?

スウェーデンの生理学者シャスティン・U・モスベリー教授が
以下のような研究結果を発表しています。

母親が赤ちゃんを産むと母性本能があふれ出し、ふんわりと満ち足りた気持ちになる。
この不思議な安堵感と幸福感は「オキシトシン」という
出産や乳汁射出にたずさわるホルモンの仕業と言われている。

実は同じホルモンが犬と接している時の飼い主から分泌されていると言う。

オキシトシンは出産したばかりの母親に大量に分泌され、
赤ちゃんとの絆を強める役割も果たしているので、女性だけのホルモンと考えられていました。
しかし男性にも存在し、その役割はもっと広いものであることがわかったんですと言います。

またオキシトシンホルモンは自閉症やダウン症にも効果的という研究結果も出されています。

スウェーデンの友人です。

弊社看板犬カールの異父兄弟と一緒に生活しています。
ダウン症の持病を抱えていますが、表現力が豊かでいつも輝いています!


PS:
熟年離婚防止にも繋がる!
これは私個人の見解です(笑)





  
タグ :DV


Posted by AIGC, INC. at 13:02Comments(0)ペット事業

2010年12月20日

ハリウッドスターを目指して!



弊社役員を通じて知り合ったロサンゼルスのKyra。
役員とKyraは20年以上の大親友。
現在モデルや女優活動に頑張っています。
先日有名タレントのオプラウィフリーとオーストラリア旅行に行ったそうです。
その後は、スティービーワンダーとトミーデイビッドソン達のコンサートホームパーティで
スティービーとも仲良く。まるで伯父のような優しい人だと喜んでました。
Kyraは夢を追い続けて頑張っている素敵な女性。

いつか夢は叶う!
これからも彼女を応援していきます。


  

Posted by AIGC, INC. at 20:18Comments(0)アメリカ

2010年12月18日

今年最後のビッグイベント



12月19日東京ビックサイトで「FCI INTERNATIONAL DOG SHOW」が開催されます。

出陳頭数約1000頭の大きなショーです。

皆さんがご存知の犬種は全て見られるはずです。

本物を知る上でも一度見学に行かれるといいと思います。(犬連れOKです)

  

Posted by AIGC, INC. at 10:23Comments(0)ペット事業

2010年12月17日

モノじゃないんだよ!



クリスマスは一番仔犬が売れる!
業界関係者は一同に口を揃えます。

業界戦略に振り回され、
大切な心を見失っている方が増えているように感じます。

犬はモノじゃないんだよ・・・

今世界には数百種の犬がいます。
本気で犬を迎える気持ちがあるならば、
さまざまな犬種を良く学び、
自分達にとってどんな犬種が生活スタイルに合っているか、
犬の健全性、どこで入手すればいいのかなど
家族でじっくり話し合ってから迎えて頂きたいと切に願います。

繁華街(飲み屋街)で24時間営業のペットショップが繁盛しているそうです。
飲み屋のお姉さんにプレゼントをするお客をターゲットにしているらしいのですが・・・

もう1度言います。

犬はモノじゃないんだよ・・・  

Posted by AIGC, INC. at 08:47Comments(0)ペット事業

2010年12月16日

歴史的瞬間!



深夜歴史的交渉が成立。

40年以上日本からのオファーを断り続けてきた英国某犬舎が
遂に日本への輸入を承諾icon21

更に、先方から今後は弊社との独占契約をしたい!とのお話まで頂いた。
凄いことです!!

徹夜で交渉に当たってくれた役員には感謝です。

今回弊社に依頼して下さった日本のお客様もまさかの取引相手に絶句・・・・icon11
有り得ない・・・と、未だに信じられないご様子です。

看板も無い、無名のベンチャーでも利他的で気高い思いがあれば必ず道は開けるんですね。






  


Posted by AIGC, INC. at 08:46Comments(0)ペット事業

2010年12月15日

イギリスから



イギリスから良質の犬を輸入することは大変困難です。
愛国心が強く、自国の犬を文化遺産として大切に守っている彼らだからこその気持ちだと感じます。

現在交渉中のオーストラリアの犬舎が難航しており、イギリスに交渉を切り替えております。

弊社はイギリスに、ケンネルクラブ役員、ジャッジ、獣医師、ブリーダーなど
幅広いネットワークを持っております。

通常困難と言われる相手国ですが、今回も良い報告で進んでおります。

写真のビーグルも輸入交渉可能な子です。
40年続く世界的に有名な老舗犬舎出身です。


  


Posted by AIGC, INC. at 12:50Comments(0)ペット事業

2010年12月14日

資金難


アメリカマイナーリーグ(3A)審判員平林岳さん

日本のプロ野球審判員という恵まれた職を捨て、
メジャーリーグ審判員を目指し、単身渡米し頑張っています。

現在彼は資金難で困っています。
この不況で昨年までのスポンサー契約が切られ、
来期のチャレンジが難しい状況です。

お金とは潤滑油のようなものではないでしょうか。
注ぎ過ぎてもこぼれ落ち、少なすぎても止まってしまう。
車輪を動かすためには、適度な油は必要なんですね。

彼に良き理解者が現れることを心から祈っています。


  


Posted by AIGC, INC. at 10:01Comments(0)ペット事業

2010年12月13日

Dog Life



昨日は、今夏スウェーデンから仔犬を輸入して下さったお客様のアフターケアのため、
神奈川まで日帰り出張。

成長具合、躾、トリミングなど、お客様のニーズに合わせながらアドバイス等させて頂きました。

犬の飼い方や成長具合は個々によって異なります。
専門書などのマニュアルは期待出来ず、知識や経験が大切になってきます。
また躾もこれが一番!というものは無く、お客様の生活スタイルやニーズを合わせながら、
お客様と共に楽しみながら適切な方法を選んでいきます。

弊社のやり方を押し付けるのではなく、
お客様と一体になってDog Lifeを楽しんでいく!
これが弊社のスタイルです。



  


Posted by AIGC, INC. at 07:46Comments(0)ペット事業

2010年12月11日

懐かしい


スウェーデンの友人は、空軍のエンジニア。
滞在中は秘密で軍用機の搭乗、
所内案内など大変貴重な経験を頂いた。

先日新型機「ヘラクレスTP84」のお披露目式典があったようです。



主に発展途上国へ物資の支給活動に従事する友人。
治安が不安定な地への長期遠征は家族の心労も耐えない。

彼の安全と今後の活躍を祈ります。  


Posted by AIGC, INC. at 07:02Comments(0)北欧

2010年12月10日

あわてんぼうのサンタクロース



世界では、現実社会に起こる経済、軍事、政治、市民生活の中に
宗教が入り込んでいます。
私の米国友人は皆日曜日には必ず協会に行きます。
一方日本は多神教、混合宗教国家です。
仏教、キリスト、そして自然界に宿る神々を信仰しています。
全く無関心という方も少なくないはずです。
ですから、間もなくやってくるクリスマスもお祭りごとのように楽しめるのです。

海外の方々とビジネスをさせて頂く中で、
宗教は切っても切り離せない問題だと感じます。
経済力のある国は、日本を除き、全て宗教国家です。
世界が宗教を軸に動いている中で、
やはり自分自身も目に見えないものの大切さをよく学び、
信仰するものは違えど、
彼らと心通じ合えるものを理解していくことが重要なことだと考えます。


昨日弊社に北欧からあわてんぼうのサンタクロースがやってきました。


  


Posted by AIGC, INC. at 08:37Comments(0)北欧

2010年12月08日

パピヨン



パピヨンのお問い合わせを頂いております。
犬種は違えども、日本のペット(犬)の質の向上を目指し
取り組まれる方々の応援をしたいと強く思います。

パピヨンとはヨーロッパ原産の愛玩犬。
貴族の間で親しまれ、マリーアントワネットもファンだったと聞いています。
昔は非常に高価だったことから、この犬だけで貿易商が成り立ったとも言われています。
小型犬で、蝶のような華やかな耳とシルクのようなコートが特徴です。

日本にも良いパピヨンがいますが、ある程度年月が経過すると血液が詰まってきます。
これはパピヨンに限ったことではなく、限られた血液の中での交配には限界があります。
海外の違った血液を取り入れることは質の向上には欠かせないことなのです。
  


Posted by AIGC, INC. at 08:11Comments(0)ペット事業

2010年12月07日

本質を知る



日本人ほど、●●認定とか●●認証とかいうのが好きな人種はいないでしょう。

本当にペットに優しい・飼い主に優しい商品とは何なのか?
飼い主も十分に理解することが大切だと思います。
犬や猫は言葉が喋れません。
痛いとか痒いとか嫌だとか・・・
与えるフード、シャンプーなど飼い主の判断が全てです。

米国の友人であるドクターがくれた情報です。

ナトリウムラウリル硫酸塩の隠れた危険性 

市販シャンプー、コンディショナー、歯磨き粉などの90%以上に、
低価格な成分のナトリウムラリウル(SLS)、ラウリルエーテル硫酸塩(SLES)が含まれています。
これら成分は、粘度を高くする為に、洗剤や発泡剤として使われています。
SLSの工業的用途は、倉庫床クリーナー、エンジン脱脂材、洗車用洗剤など。
SLSやSLES成分は、腐食性が非常に高く、簡単に油を落とします。
それら成分はスキンケア製品の中に含まれている最も刺激性の強い成分で、
SLSは、研究所で他の成分の治療特性と比較する為に、
スタンダードな皮膚の刺激物として、使われています。

SLESの基礎はラウリルアルコール(C-12、ココナッツオイルから分離される脂肪酸)のことで、
そこから、ラウリル硫酸塩を形成するために硫酸で反応を起こし、水酸化ナトリウムで中和させ、
酸化エチレンと反応させて出来る成分です。

一部の企業はそれがココナッツオイルに含まれているとして、
100%ナチュラル成分であると主張していますが、実際は、その成分の元は全く違います。

ジョージア医科大学の研究に於いて、SLSは、脳、心臓、肝臓などと同様に眼球にも浸透し、
長期間に渡りそれらの中に滞留し、幼児の眼球にも浸透するため、正常な発達を妨害し、
成人になって白内障を引き起こす原因になる潜在的危険性があると発表されました。

研究では、SLSとSLESは、シャンプーや研磨剤などの容器の中で、
多くの製品の中に含まれる一般的な成分との反応により、
発癌性のある硫酸塩とダイオキシンを引き起こす原因になる恐れがあると判明しました。

つまり、たった1度のシャンプーで、硫酸塩が大量に血液に入り込む可能性が
非常に高いという事です。
勿論、皮膚と毛髪にもダメージを与える可能性があります。
それは腐食性成分により綺麗にしますが、毛包を攻撃するため、
脱毛を引き起こす可能性があるのです。

それは、皮膚の保護を侵し、発疹や感染を引き起こす可能性があることから、
泡風呂の薬物の1つとして分類されています。

犬を洗う時に使うシャンプーや、自身で使うシャンプーやスキンケア製品に於いて、
発泡剤の主成分となるようなSLSやその他刺激の強い洗剤は、
決して使用しないことをお勧め致します。


ココナッツ・ヤシ由来などが如何に危険か!
参考にしてください。

弊社では米国ドクターとハーブセラピストの長年の経験と知恵から作られた
100%天然成分・オーガニックハーブを使用した安心・安全ペットケア用品を紹介しています。


ペットにとって本当に安心・安全な用品を!!


  


Posted by AIGC, INC. at 09:18Comments(0)ペット事業

2010年12月06日

輸入代行



弊社は犬の輸入業務もサービスにしております。
市場調査・交渉・輸入までお客様のご希望に添った仔犬をご紹介致します。
MEISTERJP では「フラットコーテッドレトリバー」をメインに扱っておりますので、
是非ご覧ください。

輸入サービスは全犬種扱っております。
先日も「シーズー」のお話を頂きました。
チベット原産の愛玩犬で、日本でも不動の人気です。
写真はカナダの世界的トップブリーダー出身の犬です。
一部のオーナーにだけその貴重な血統を持つことを許されており、
世界中のシーズーファンの憧れです。
  


Posted by AIGC, INC. at 07:44Comments(0)ペット事業

2010年12月05日

旦那以上?



pet play inc.が販売する猫用高級フード。
欧米では、ペット向け高級ホテル、ペット専用ファーストクラス飛行機など
さまざまなサービスが登場しています。
これらは一部の富裕層をターゲットにした商品ではなく、今や一般的な飼い主も利用しています。
ペット(犬や猫)の寿命は長くて15~18年。
人間の三分の一も無い短い寿命の中で、
少しでも多くの思い出を残したいと思う飼い主さんが急増しています。

オーストラリアのある調査では、旦那よりペットが大切と答えた女性が50%以上いたとか??

世の男性人!使い捨てカイロにならないように気をつけましょう。
働くだけが能ではありませんね。
  

Posted by AIGC, INC. at 15:18Comments(0)ペット事業

2010年12月04日

容量オーバー?


It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent, but rather the one most adaptable to change!!  (by Clarence Darrow : photo from Wiki)
「強い者が生き残るわけではない。賢い者が生き残るわけでもない。変化に対応した者が生き残るのだ。」

先日から海外の某ペット会社CEOから1件の相談を頂いております。
異業種を含め、数社をグループ化した大手の代表です。
彼は超多忙にも関わらず、常にアンテナを張り、
1歩も2歩も先を見据えた経営スタイルで、見習うものが大きいです。
また対応の早さも彼が成功している理由のひとつなのかもしれません。
メール1本でも即答、遅くても数日返信です。

人は容量以上の案件を抱えてしまうと、つい1件1件が疎かになりがちです。

これはペットでも同様です。
一人が100%管理出来る頭数は限られています。
多くて4~5頭でしょう。
これを欲張って8頭も10頭も抱えてしまうから、1頭に掛ける愛情が減少し、
結果事務的な対応しか出来なくなるのです。

1件1件の案件に100%の愛情を注力することで、
その思いは必ず全てに伝わり、いつかその案件(商材)は光り輝く時が来ると信じています。

直ぐにそのチャンスが来るものもあれば、数ヶ月先、数年先かもしれません。
それまで大切に温めながら、常にコツコツと羽化を促すこと。
「卒琢同機」が大切なんですね。







  


Posted by AIGC, INC. at 13:28Comments(0)ペット事業

2010年12月03日

必殺技



マサチューセッツ工科大学の研究者が、猫の水の飲み方を解明したと話題になっている。
これまで猫は、犬や馬同様に舌を丸めておたまのように使い、
水を飲んでいると考えられていたが、今回の研究で、
舌を水面に浸け引っ込める際に出来る水柱を「パクリ!」と飲む巧妙な技を使うことが解明された。
研究者は、「朝の朝食からも科学は生まれる」と話している。

これが犬の水の飲み方


食後に器用に手を使い顔を洗ったり、同じ場所に排泄をするなど
猫の綺麗好きは有名です。
犬のような飲み方では、口元が汚れてしまうことから、
綺麗好きの猫が進化の過程で編み出した技なのかもしれませんね。


  


Posted by AIGC, INC. at 10:28Comments(0)ペット事業

2010年12月02日

人の躾と犬の躾



スウェーデンの友人が言います。
犬の躾に於いて、「犬は間違えない、間違えているのは人間」
素晴らしい名言です。

言うことを聞かない愛犬を蹴り飛ばしたり、殴ったりする光景を時々見掛けます。

やはり飼い主自身が常に襟を正し、
人(リーダー)として人格者でなくてはならないのだと思います。

先日アメリカにおいでよ!様が「躾」について素晴らしい記事を掲載されておりました。
この業界も同様のことが言えますから、
是非業界を取り仕切るお役人さんにも読んで頂きたいものです。
  
タグ :AIGCペット


Posted by AIGC, INC. at 10:35Comments(0)学び

2010年12月01日

インテリア化


欧米で人気のペットハウス

ペット用のハウスもインテリアの一部としてお部屋にマッチさせたい。
そんな飼い主が急増しています。

とは言っても、相手は犬や猫。
衛生面、機能性、安全性、利便性など工夫が必要です。
折角作ってもペットが使ってくれなくては邪魔な家具。

犬の場合と猫場合ではそれぞれ違いますね。

日本の匠の技術と美の感覚を活かした
世界に誇れるハウスが生まれることを期待しています。

各業界の知恵と技術と人の力が今後のペット業界をリードしていきます。



  


Posted by AIGC, INC. at 10:05Comments(0)ペット事業