› AIGC, Inc. › その他海外

2012年07月31日

いいね!



"The whole world is a series of miracles, but we're so used to seeing them that we call them ordinary things."   

Posted by AIGC, INC. at 06:07Comments(0)その他海外

2012年04月08日

アウトドアの必需品



フランス製 「Tick Twister
キャンプ、山登り、野外スポーツなど、これからの季節必需品になってきます。

お問合せ先:
日本総輸入代理店 AIGC,INC.


  


Posted by AIGC, INC. at 07:03Comments(0)その他海外

2012年03月25日

ほのぼの~



反省だけならサルでも出来る!
一時期流行りましたね。  

Posted by AIGC, INC. at 07:49Comments(0)その他海外

2012年03月22日

魂の歌声



ご縁あってafrican dancersを見ました。

ジャンベーという太鼓の生音に合わせて
手足、胸、腰、そして頭まで、全身をフルに使ってリズミカルに踊るダンスは、
力強い大地のエネルギーに満ち溢れ、
私たちの内側に眠る生命エネルギーを導き出し、心と体を解放してくれます。

そして彼らの歌声は最強です。

魂で歌っていますね。

人類誕生の地(アフリカ単一起源説)と言われるアフリカ。
であるならば我々にもきっと同じエネルギーが眠っているに違いありません。
  
タグ :ソウル


Posted by AIGC, INC. at 06:45Comments(0)その他海外

2012年02月11日

1日100種!?


世界最小のカメレオン

小学校時代同級生の女子の祖父が有名な動物学者で、
彼女が在学中、南米かどこかで新種を発見するという快挙を成し遂げ、
その昆虫?爬虫類?に自分の名字を付けていたのを想い出します。
「●●とりがいや」という名前だったと思います。

米ルイジアナ州立大の研究チームが、
2009年にパプアニューギニアで発見した新種のカエルが
世界最小の脊椎動物だとする研究結果を米科学誌「プロスワン」に発表していました。



現在アマゾン地帯だけで年間1200種の新種が発見されているそうです。
しかしその数倍の速度で地球上から種も消えています。

100年程前までは、色が美しいから、肉がおいしいから、形が珍しいから、
そんな理由から人間が乱獲し、生物を絶滅に追い込んできました。
その数1日約1種。年間300~400種がこの地球上から姿を消していました。
しかし最近は益々深刻です。
1日約100種!年間4万種の生物が絶滅していると言われます。
その主たる原因は「大規模な地球環境破壊」
生物達が生息していた自然を根こそぎ破壊しています。

幼少時代魚を追って遊んでいた小川は消え、河川はコンクリートで舗装されています。
水草や茂みに隠れていた水生生物は住処を失くし、やがていなくなりました。

自宅の庭にはモグラがいて、いつも巣穴の出入り口に缶で蓋をしイジメていましたが・・・・
ミミズがいなければモグラもいなくなります。

今も深刻化はどんどん進んでいます。

エコだのCO2削減だの難しいことを考えなくてもいいと思います。
まず我々に出来ることは、大量生産、大量消費を失くすことです。
要はムダ使い(ムダ買い)をやめればいいわけです。

安かろう悪かろう!

洋服でも何でもワンシーズン消費、使い捨てはすぐにやめ、
少々高くても良質のモノを求めることが大事だと思います。

また化学薬品を多く含む製品の消費を出来るだけ抑え、
天然成分がメインの地球に優しい製品を選ぶことも大事だと思います。

ペットの飼い主さんには是非こちらを勧めます。

人に優しい!犬に優しい!地球に優しい!!
天然成分100%オーガニック用品
Sitka's

ほんの少し意識を変えることで生態系を守ることに繋がります。

足元実践!
まずは第1歩を踏み出したいものです。



  

Posted by AIGC, INC. at 07:58Comments(0)その他海外

2012年02月02日

オフロードに変化?



東欧で大寒波!60人以上死亡・・・
そんなニュースが先日流れていましたが、日本でも平成18年以来の豪雪!

特に日本海側では大雪となり、被害も拡大しているようです。

この地方も今朝は一面雪景色。
通勤に害が出そうです。

私は飛騨の出身です。
豪雪と言えば昭和56年の「56豪雪」が想い出されます。

この年は兎に角、連日雪!雪!雪!
結局自宅1階は雪で埋まり、一時は2階から出入りした程です。
子供だった私は大喜び!
大人たちは雪処理で大変だったようです。
自宅玄関までには数メートルの雪の壁が出来、まるで洞窟の中に入るかのようでした。

大雪になると困ることは沢山ありますが、その内のひとつが車道の雪です。
降り積もった車道の雪が昼間少し溶けて夜間また凍るを繰り返す。
その内に埃や砂が混ざり、それを車が踏み固めるため、ガッチガチに堅くなるわけです。
車道にはあちらこちらにコブが出来、まるでオフロードのようになります。
そこをハンドルを取られガッタンガッタンと左右に揺れながら車が走行するわけですから
歩行者には危なくて仕方ありません。
当然車高の低いスポーツカーなどは走行出来ません。

冬もまだまだ後半戦。
雪国の人達は大変だと思いますが、少しでも事故が減ることを心から祈ります。  

Posted by AIGC, INC. at 07:36Comments(0)その他海外

2012年01月16日

殉職



友人から届いた訃報です。

この仔達は強盗犯のアジトに真っ先に突入し、犯人に射撃され殉職した軍事、警備犬です。

人間の身を守るために身体を張って闘ってくれたように見えますが、
正直、訳も分からず、ただ人間の指示にしたがって突っ込んだのだと思います。

利得ある戦争兵器にばかりにお金をかける時代ですが、
動物の命を操らなくてもいいような研究開発を心から期待しています。

  

Posted by AIGC, INC. at 07:09Comments(1)その他海外

2011年08月12日

マレーシアの収監?



鳥猟だけが仕事じゃありません

麻薬探知犬
犬の優れた嗅覚を利用して麻薬を探知する訓練が行われた犬

国内では1979年6月に米国の協力得て2頭の麻薬探知犬を導入。
その活躍が認められ、翌1980年から育成を開始。
1981年には、国内育成麻薬探知犬第1号が誕生、その後着実にその数を増やしながら、
現在では120頭以上の犬が活躍しています。

さて、麻薬探知犬に求められる条件には以下のようなものが挙げられます。

◆ 動くものに興味を抱く
◆ 物を回収する
◆ 回収したものに対する独占欲
◆ 人見知りしない
◆ ポジティブで活力がある
◆ 物怖じしない
◆ 高い集中力、持続性


現在国内ではジャーマン・シェパード、ラブラドールレトリーバーが主に導入されています。

しかし世界を見ると、少数ながらその他犬種も活躍しており、
スウェーデンではフラットコーテドレトリーバーも導入されています。

上記必須条件を見れば、フラットコーテドレトリーバーが麻薬探知犬に大変適した犬種であることが分かります。

フラットコーテドレトリーバーの優れた能力をドンドン活かして貰いたい!
愛好家のひとりとして強く願います。

=余談=
15年程前、マレーシアからシンガポールに入国する際、
麻薬探知犬が私から一向に離れず大変な経験をしました。
警備官は「怪しい」と睨んだらしく、私を別室に連行。
全裸にさせられ、手荷物も全てチェック。
当然何も出てくるはずも無く・・・・。
寿命が縮まる経験でしたが、今となっては笑い話です。



麻薬探知犬にまで好かれるDog Navigator



  


Posted by AIGC, INC. at 07:03Comments(0)その他海外

2011年07月14日

楽園?


パリの真ん中にある「アンバリッド広場」にて
ノーリードの愛犬と遊ぶ子供。
素晴らしい光景ですね。

フランスは公共施設犬同伴OK!
レストラン、電車、バスなど殆どの場所も同伴を許可しています。
当然街では多くの犬を見かけ、ノーリードで散歩させている飼い主さんも少なくありません。
まさにお犬様状態です。

勿論トラブルが発生するためさまざまな法律が定められています。
例えば、糞放置への罰金、食料品店への同伴禁止など。
しかし、パリでは糞があちこちに放置、パン屋さんだって入店しています。
法律は機能していない??

反面徹底している法律もあります。
1999年に施行された「危険犬種に対する法律」
幼児が犬にかみ殺された事件が相次ぎ、それ以降法律によって厳しく取り締まっています。
実際街でロットワイヤー、ピットブルなど数頭見掛けましたが、どの子も口輪をしていました。

スウェーデン人に言わせれば、危険犬種なんて存在しない!
扱いきれない飼い主が無謀に飼っているだけ!
だそうですが・・・・
私も同感です。

いずれにせよ、マナーの悪さを抜きにすれば、フランスは犬好きにとっては楽園なのかもしれません。


  


Posted by AIGC, INC. at 07:15Comments(0)その他海外

2011年07月09日

芸術です!



昨日パリへ到着の役員。
先週スウェーデン出張から帰国し時差ボケが解消される前にまたフランス。
苦労かけます。

夕方19時過ぎホテルにチェックイン。
外はまだ賑やかなため散歩がてら観光へ。
ホテルがノートルダム大聖堂の近くのためライトアップされた聖堂を観光。
言葉にならない美しさと存在感だったとか。

明日は終日ドッグショー。



  


Posted by AIGC, INC. at 04:26Comments(0)その他海外

2010年09月03日

ペットにブタ??


「マイクロピッグ」
イギリスで話題になっている品種改良されたブタです。
ベッカムやパリス・ヒルトン、ハリーポッターのルパート・グリントも飼っているとか。

ブリーダーは「成長しても30~40cmにしかならない!」と宣伝しているが・・・
実態はクレームが多数出ており、宣伝文句に対して行政や専門団体との間でトラブルも起きているようだ。

大きくなったら思っていた子とは違った!
そんな話は日本でも掃いて捨てる程ありますね。

犬でもそうですが、
成長した姿を知る為に、
一般消費者が出来ることで一番簡単方法は
その子の両親を見せてもらうことです。

カエルの子はカエル。鳶が鷹を生むことはありません。
仔犬はどんな子も可愛いのは当然。
衝動的に購入するのではなく、最低でも販売主に両親の画像くらいは見せてもらいましょう。



スウェーデン系フラットコーテッドレトリーバー専門



---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
LUCIA商品残り僅かです!!特価大セール中。お早めに!
日本の物を世界に、世界の物を日本に、AIGCが架け橋にならせていただきます。
応援お願いします。 
MEISTER JPスウェーデンフラットコーテッドレトリーバー
マンスリースペシャルサービス:9月:入社前の英会話レッスン
---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
  


Posted by AIGC, INC. at 06:19Comments(0)その他海外

2010年08月30日

近未来都市



昨日中東のマスダールシティという巨大な新エネルギー都市を建設する
ドキュメンタリーが放映されていました。
思わず息を呑んで見入ってしましましたが
国際社会で協業していくことの難しさを感じましたね。

言葉、文化、宗教、国民性、価値観・・・・・
全く異なった人種が同じ目的に向かって進めわけですが
只事ではありません。
タフですね~。

僅かな失敗、ズレが、数億~数百億円を動かすわけです。
勝ち得た信頼も一瞬にしてぶっ飛びます。


レベルは異なりますが
弊社でも同じような局面に直面しています。
一人の利己的な言動が全てを狂わせてしまう恐ろしさ。
週末にかけて輸入必要書類が先方から送付されてきておりますが
一向に整いません。
時間も押し迫って来る中での忍耐勝負です。



スウェーデン系フラットコーテッドレトリーバー専門



---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
LUCIA商品残り僅かです!!特価大セール中。お早めに!
日本の物を世界に、世界の物を日本に、AIGCが架け橋にならせていただきます。
応援お願いします。 
MEISTER JPスウェーデンフラットコーテッドレトリーバー
マンスリースペシャルサービス:8月:LUCIAでお買い物を楽しんで下さい。
ヴィンテージのファイヤーキングも販売しています。
---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
  


Posted by AIGC, INC. at 07:15Comments(0)その他海外

2010年07月04日

ベトナム


今日は弊社役員が数年前にお世話になった方が
現在、ちょうど来日中とのことで、役員から紹介を受け初めて会って参りました。
彼から現地ベトナムの非常に有意義な話を伺うことが出来ました。
彼は現在ベトナムに移住され、現地に溶け込みご活躍されています。
やはりビジネスでは現場の生の声が非常に重要だと感じます。

改めて、ベトナムに於けるビジネスの可能性を高く見い出せた気が致します。
出会いの点と点が線で繋がってゆくのを実感しております。
関わるすべての人が先ず他の為に考えていることに共感し、
また良い刺激を受けています。

また不思議なことにアメリカの元農務省の親交ある方から連絡があり
グッドタイミングで、非常に有難い情報の詳細を頂きました。

これで一つ乗り越えられます。
彼女とのご縁も不思議なものでした。
まるでこの情報提供は数ヶ月前に彼女をお手伝いさせて頂いた時の
恩返しのような感じを受けました。
本当に感謝してやみません。

本当に有難いご縁、感謝してやみません。

7月はメンターがアメリカより来日、
そして同時期に友人がスウェーデンより来日、
再会の7月になりそうです。

ありがとうございます。



---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
ベトナムでもビジネスを手がけるAIGCブログ
icon19日本の物を世界に、世界の物を日本に、AIGCが架け橋にならせていただきます。
icon26AIGCを応援して下さる皆様へ。 
icon06AIGCはペット関連商品を輸出しています。
icon12北欧ヴィンテージキッチン&テーブルウェア破格でご提供中icon12
---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
  


Posted by AIGC, INC. at 18:34Comments(0)その他海外

2010年07月03日

幸福な王子


皆さんよくご存知の童話「幸福な王子」。

幼い頃、この物語を通じ、病気、貧困、寒さなど、外国で起きているその光景にショックを受け泣いたのを今も鮮明に覚えています。日本に生まれて良かったと幼心に思いましたが、同時に、外国の苦しむ子供達に何か役に立てないかとそう真剣に考えたことがあります。その時の想いが、自然と今のグローバルな仕事に結びついているのかもしれません。

この物語は、フランスが舞台で、立派な王子の像と小さなツバメの深い思いやりが描かれています。

幸福な王子」と呼ばれる王子が突然亡くなって国民により像が建てられたのです。

エジプトへ渡る途中のツバメに王子が一晩だけ手伝いを頼み、
王子の剣についていたルビーを貧しい針子にあげ、病気の息子を救ったのです。
王子の目のサファイヤを貧しい作曲家にあげ、食べ物が買えるようにしました。
マッチ売りの少女にもう1つのサファイヤをあげ、父親の暴力から救いました。
王子は両目を失い、ツバメは王子の肩にとまり、旅の話をし続けたのです。

まだまだ飢えで苦しむ子供達が沢山いる。。。

そうしてツバメにお願いし、像の金箔をはがし、宝石と同じように苦しむ子供達に配ったのです。
王子は美しい宝石がちりばめられた金の像から、薄汚れた灰色の像に変わり、
やがて冬が訪れ、ツバメは息絶え、王子も…。

「こんな汚いものはとっとととりのぞけ!」と大臣。

王子の像の代わりに、自分の銅像を作らせることに。
王子の像は壊され、中に入っていた王子の鉛の心臓と、ツバメの亡骸は
ゴミ捨て場に捨てられたのです。

「あの町でもっとも尊いものを2つ持ってきなさい」と神様。
そう言われた天使達は、ゴミ捨て場から王子の鉛の心臓と、ツバメの亡骸を天国に持ち帰りました。
王子とツバメは、神様から永遠の命を授かり、天国の門を守りながら幸福に暮らしました。

「幸福な王子」原作:オスカー・ワイルド

この童話を通して、原作者オスカーは、
宝石より金より尊いものは「利他的な愛」「犠牲的な愛」「思いやり」である事を
伝えたかったのではないでしょうか。



毎年、我が家の玄関アーチの裏にツバメが巣を作り、子育てをし、立派に成長し巣だってゆきます。
今年は、その巣が小さめで、前々から雛が落ちてしまうのではないかと懸念していました。
案の定、先日、小さな雛が玄関先に落ちて横たわっていたのです。

出張で出かける時だったので、巣に戻すこともできず、直ぐに手で拾いあげ、
ハンドタオルとコップを用意し、そこで休んでもらうことにしました。(写真参照)
数日、餌をあげ、元気を取り戻し、回復してきたため、(随分と懐いてしまいました…)
昨夕、ようやく巣に戻してあげました。

苛められるのではないか?と心配しましたが、その心配をよそに、兄弟姉妹達はすんなり受け入れてくれ
何事も無かったかのように溶け込めている様子を見て、安堵しました。

来年もまたこの玄関に戻って巣を作ることでしょう。とても楽しみです。
巣の下に落ちる糞の始末が毎朝の日課です。


ご縁あってフランスでプロジェクトが発足され、弊社も参画しています。
ツバメを巣に戻した途端、不思議と、その広範囲な南欧でのプロジェクトが弊社も本格的に始まりました。
今後は、フランス、イタリア、スペインなど各国の専門家と主にインターネットを通じて打合せを実施してゆきます。

私達に何が出来るのか、幸福な王子ならぬ、幸福なAIGC, Inc.として、しっかりとお役に立ってゆきたいです。



---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
幸福な王子ならぬ幸福なAIGCブログ
icon19日本の物を世界に、世界の物を日本に、AIGCが架け橋にならせていただきます。
icon26AIGCを応援して下さる皆様へ。 
icon06AIGCはペット関連商品を輸出しています。
icon12北欧ヴィンテージキッチン&テーブルウェア破格でご提供中icon12
---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
  


Posted by AIGC, INC. at 07:47Comments(0)その他海外

2010年06月25日

ジャパニーズアキタ



流石メルセデスですね。
2015年の発売に向けて発表されています。
electricity-run の次世代型スーパーカーです。

きっと何百万~何千万という価格になるのでしょうね。

命の対価について
日頃から命あるものに値段は付けられないと説いています。

目の前に
壊れるかもしれない中古車(10万円)vs安全保障の付いた新車(200万円)
どちらに乗りますか?と聞きます。
自分の命がかかっていますから大半の人は新車を選びます。
値段の差は20倍です!

では聞きます。

目の前に
疾患を患っているかもしれない犬(10万円)vs健康な遺伝子から生まれた犬(60万円)
どちらを買いますか?
大方の人は10万円の犬を選びます。

何故でしょう??
自分の命は大切ですが、犬の命はどうでもいい??
「犬に60万円も出せないなぁ・・・」と弁解するでしょうね。

健全な遺伝子を守っていくためには、膨大な費用、時間、労力がかかります。
モノの開発と一緒です。

それが理解されないから未だヨーロッパ諸国の愛犬家から日本は認められないし
いつまで経っても良い犬を作ることが出来ないのでしょうね。

秋田犬が欧米化し「ジャパニーズアキタ」という新種を生んでしまい
それが世界中で人気を誇っていることの現実を重く受け留め、恥じるべきだと思っています。

ハチ公が泣きます・・・・。




---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
DG社長Blog6日間連続1位icon12icon12に!パートナーの「アイジェット」様と並んで1・2フィニッシュicon16
icon19日本の物を世界に、世界の物を日本に、AIGCが架け橋になります。
icon26AIGCを応援して下さる皆様へ。
icon06AIGCはペット関連商品を輸出しています。
MEISTER KENNELスウェーデンフラットコーテッドレトリーバー専門icon12
---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
  


Posted by AIGC, INC. at 09:37Comments(2)その他海外

2010年06月16日

幾らなら買いますか?


この作品幾らなら買いますか?

私は芸術的センスが0ですから正直無料でもいりません。
近所のリサイクルショップに持ち込んでも500円程でしょうか(笑)

14日パリで行われたオークションで
イタリア出身の彫刻家モディリアニの彫刻が
14億1500万円で落札されたそうです。
どんなに凄い作品かと興味津々で拝見したところ
上記の画像でした。

14億円ですよ!

私の前職公安職の生涯獲得給与は約2億円弱とか。
30年間命を張って懸命に奉職してもこの作品の欠片も買えません(笑)

モノの値段や価値というものは
関わる人の御心次第で、ダイヤモンドにも石ころにもなりますね。

折角素晴らしい技術製品を開発されても
世のため、人のため、利他の心で世に出していかないと
ただの石ころになってしまうのです。

  


Posted by AIGC, INC. at 09:15Comments(2)その他海外

2010年06月14日

vs. iPhone? iPad?



中国の某メーカーの商品です。
LEDで手元が光り、周囲を気にせず読書が楽しめます。
海外出張などでフライトが多いビジネスマンにお勧めです。
って、数年前はご紹介出来ましたが、電子ブック産業が急成長している現在
すでに時代遅れでしょうか・・・。

多額の費用を投入した開発 vs 猛烈な勢いで進む次代の流れ

経営者の判断が問われるところです。

  


Posted by AIGC, INC. at 20:58Comments(0)その他海外

2010年06月09日

交渉



ゼロから何かを生み出すチャレンジでは「ノー」は受け取れない。
しかし残念なことに大企業を中心に、出来ない理由を実に理論的に上手にじゃべる管理職が多い。
出来ない言い訳を聞く暇があったらどうすれば出来るか?に時間と労力を注ごう。
(スティーブ・ジョブズ)

我々ベンチャーは進むしか道がない。
先日もある社長からこのようなお言葉を頂いた。
「死ぬ時も前のめりで・・・」

某アジア国から協業のお話を頂いています。
お互いの条件や方向性に差異が生じるのは当然である。
それら提示した案にどう向き合っていくか?
交渉の手腕が問われますが、
目先の損得に囚われることなく、利他の心で協業出来る道を探すことが
重要です。


  


Posted by AIGC, INC. at 11:47Comments(0)その他海外

2010年05月20日

スーパーエコカータクシー



ローマで見かけるスーパーカータクシー(エコカー)
乗り降りが大変です!!

暫く更新しておりませんでしたが、遊んでいたわけではございません。

アメリカ・フランスのプロジェクトも着実に進んでおります。
ハードルが高い案件ですが
有り難いことですし、貴重な経験を積ませて頂いております。

もし昨年前職をドロップアウトしていなかったら・・・・・



自分が本当に心の底から満足を得たいなら進む道はただ一つ
自分が素晴しいと信じる仕事をやる、それしかない。
(ステイーブ・ジョブズ)
  


Posted by AIGC, INC. at 11:05Comments(2)その他海外

2010年05月04日

中国


先日開幕した上海万博。
中国らしさが色濃く出ている賑わいです。

そんな中国バブルの波が僅かながら弊社にも押し寄せてきています。
先日頂いた中国側からの大口オファーですが、少しずつ具体化しています。
もうひと交渉で成立です。


  


Posted by AIGC, INC. at 16:16Comments(0)その他海外

2010年05月03日

フランス案件


日本は美しいですね

フランス案件が間もなく成立。
ヨーロッパをターゲットにしたビックプロジェクト。
今後の契約等タフな交渉になります。
ニョーヨーク、シカゴの先輩方のお知恵を拝借せねなりません。


  


Posted by AIGC, INC. at 21:41Comments(0)その他海外

2010年04月30日

ベルギー


本日もベルギーの企業様から商談が入り、メールでヒヤリング。
弊社のグローバル事業の勢いは益々加速しそうです。
国内では新たなご縁も頂きました。
ニューヨークがひとつのキーポイントになりさそうな予感です。  


Posted by AIGC, INC. at 16:18Comments(0)その他海外

2010年04月27日

和牛ブーム


米国での和牛人気は今に始まったことではありませんが、この程中東UAEにも
和牛ブームが広まりつつあるそうです。
食品の海外進出は、キッコーマン・ヤクルト・ヨシダソースなどの例もありますように
大変足が長く、時間と労力と費用がかかることであります。
しかしながら、日本食材の品質の高さ、安全性は世界にも十分通用する
匠の結晶であります。

弊社では、米国はもちろん、アジア、ヨーロッパ、BOPマーケットへの進出支援など
日本の良き食文化を独自のネットワークを利用して
海外の皆様にご紹介するお手伝いをさせて頂いております。
  


Posted by AIGC, INC. at 15:52Comments(0)その他海外

2010年04月24日

新規オファー パート2


休日ですが、本日はカナダからオファーを頂きました。

昨晩は、食品業界のプロの先生から貴重なお話を頂いたり
地場産業の新たな企業様との出逢いがあるなど
展開が激しくなってきました。

弊社の強みである日米の確かなパイプを益々強化しながら
安心、安全、皆様のご期待に柔軟に応えられるよう取り組んでまいります。

アメリカならお任せくださいicon21

  


Posted by AIGC, INC. at 17:21Comments(0)その他海外

2010年04月23日

新規オファー


断片的に捉えれば、不幸なアクシデントかもしれません。
しかし時が経過すると、それがきっかけで不思議なご縁を頂いたり、気付かせを頂きます。
何でしょう・・・?
人生って不思議ですね。
意に反した困難が降り掛かってきても、決してネガティブに受け留めて
投げ出してはいけない!ということでしょうね。
打開するために努力をすることで意外な道が開けます。

今週は、米国、中国、南アフリカから新規オファーを頂きました。
弊社の強みである輸出の更なる強化を図りながら、皆様のお役に立てるように
取り組む所存です。  


Posted by AIGC, INC. at 21:03Comments(0)その他海外

2010年03月19日

ドバイ


ドバイの高級ホテルで飼育されていたジンベエザメが、このほど海に帰されたようです。
周囲の圧力があってのことらしいですが、ドバイショックも影響しているのだろう。
知り合いのアラブ人と話をしたのですが、中東国家でのビジネスは本当にリスクが高い。
某イスラム国家では、自動車の値段が今日と明日では数十倍も違う!なんて話は珍しくないとのこと・・・
ベッカムがドバイのビーチで裸体で寛いでいたところ、
地元警察に注意されたというニュースが流れていましたが、
ビジネスでもその国の文化や宗教、国民性などを十分熟知した上で乗り込むのが鉄則ですね。
---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
言語の壁を越えてグローバルな交友関係を持つ社長ブログ
ビジネスブログランキングに登録する
AIGC, Inc.
AIGC, Inc.の取扱製品(一部抜粋)を是非ご覧ください!
---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------



  


Posted by AIGC, INC. at 13:06Comments(0)その他海外

2010年03月04日

グローバル化




東京出張予定が急遽キャンセル。
楽しみにしていたイベントにも足を運ぶ予定だっただけに・・・・。

本日は、スペイン産・ハンガリー産の商材のオーファーを頂きました。
どの分野でもグローバル化が進んでいます。
賛否両論ありますが、グローバル化は避けては通れない道であり、
良し悪しを議論することよりも、如何に共存共栄していくかが大切になっていくのではないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
グローバルに進む日本の武士社長ブログ
ビジネスブログランキング
AIGC, Inc.は、技術開発コンサルも引き受けちゃう!
技術コンサル出来るのは技術者です
---------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
  


Posted by AIGC, INC. at 16:51Comments(0)その他海外