› AIGC, Inc. › 学び

2014年06月23日

贅沢な旅



ガイドブックやネットで紹介される場所は、
誰でも簡単に訪れることが出来、商品で言えば均一化されており、
勿論心の持ち方によって、景色や感じるものは違ってくるものだが、
そこに何ら魅力を感じない。

一方で現地友人がプランしてくれた旅は、自分専用カスタマイズされており、
お金を出して提供して貰える商品ではなく、これ程贅沢な旅はない。

私の旅の場合、主に出張を兼ねるケースが多い中で、
一見出張(仕事)との関連性が薄いように感じますが、
一期一会の中から意外な発見や仕事の発展に繋がるケースも少なくなく、
海外出張の作り方も工夫次第、また、
日頃の利害抜きのネットワーク作りは大切なものだと感じます。


先日のドイツ出張時に実現した弾丸訪問


  

Posted by AIGC, INC. at 07:04Comments(0)学び

2014年04月29日

孟母三遷



人は環境の子と言われますし、
三つ子の魂百までということわざもある通り、
子供の性格も才能も幼少期の環境のまま育つのだと思います。

ですから、子供によい環境を与えていくということは
親の愛情であり、教育の基礎、基盤であるのではないでしょうか。

美のある環境で育った子供は美に関する感性が育ち、
多様な文化環境で育った子は、文化センスを持った子に育つ。

有限の時間や金銭を我が子のためにどう活用していくか。
それによって如何様にも子供は育っていく。

すべて親次第だということですね。

  

Posted by AIGC, INC. at 11:24Comments(0)学び

2014年04月10日

ヘルプ!



人の子も犬の仔もやることは一緒!

先日アメリカ在住の経営者先輩から

「突然言うことを聞かなくなった・・・・ヘルプ!」

愛犬の躾の件で緊急のご連絡をいただきました。

人間は往々にして「言葉」に頼り過ぎてしまう傾向にあります。
でも、子供も一緒ですが、言葉よりも「心」が大事であることは
私なんかより先輩パパママさんなら誰もがお解りです。

ご子息を立派にお育てになっている先輩!
僅かなアドバイスで直ぐに問題点をご理解頂き、

人間とは面白いもので、「なぜだろう?」という毎日から、
「こうなんだからこうしよう」に変わると、とたんに落ち着きが生まれ、
家の中に安定感が出てくる。
大ちゃんの言葉、「人間の子供と一緒ですよ」は逆に目からウロコ。
子供とも日々ある意味感情的に接して来たなと、、、
またまた一つ勉強になりました。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

恐縮にも上記のような御礼のメールを頂きました。

昨日はメンターに「立派に育っていますよ」と
息子の躾に対しお褒めの言葉を頂き、一安心した次第。

子育てを通じて、犬育てのヒントを・・・・
犬育てを通じて子育てのヒントを・・・

すべてが学びですね。

  

Posted by AIGC, INC. at 08:31Comments(0)学び

2014年04月02日

父親の役割



子供が父親と遊んだ経験が少ないと
家庭内暴力やひきこもりになり易い・・・・・

さらに、親と遊んだ経験が少なく育った人は、
子供との遊び方を知らず、
自分が親になった時、我が子も同様に危険がある・・・・

某精神科医の長年の実績から明らかになった話です。

確かに幼少期の親との関係が
その人の人格に大きな影響を及ぼすことは
矯正局時代、ウン万人の受刑者や監察中の少年の
生い立ちを見てきた経験から納得できます。

子育ては母親!と無知な決めつけをするのではなく、
積極的に子育てに参加するこが妻と子への愛情ではないでしょうか。

  

Posted by AIGC, INC. at 13:10Comments(0)学び

2014年03月31日

沈思黙考



ついつい情熱で動いてしまう癖。
長所でもあり短所でもあり・・・・

週末メンターからも指摘を受け、あらためて納得。

一方家内は本物を見極めるため?
踏みとどまって考え、
常に仮説が覆される可能性のイメージを繰り返す。
自分にない面を持つパートナーの存在は刺激になります。

当然息子には家内のような「沈思黙考」を養成していきたい。

そのためにどうしたらよいか。

我家の実践は「我慢」「集中」

まだ1歳児の息子には先ずは「小さな我慢」から。
そして音楽でも絵本でも同じ物(音)「繰り返し、繰り返し、繰り返し・・・・」

指導歴50年!大御所のアドバイスも賜りながら、
子育ては日々試行錯誤です(汗)

  

Posted by AIGC, INC. at 14:33Comments(0)学び

2014年03月26日

愛に生きる



スズキメソード創始者鈴木慎一先生の才能教育共感し、
息子を任せていますが、先生の著書「愛に生きる」の中に、

「この子はものになりますか?」という母親の問いに、

鈴木先生が、
「ものにはなりませんが、人間になります」と応えています。

ICU名誉教授風間先生も鈴木先生の教えを推薦され、
女子学院の生徒さんの指導の参考にされているようですが、
英才教育ではなく「人間教育」に重きをおくところは、
我々幼い子供を持つ世代は大切にしていきたいものです。

先日は「スズキメソード」
ヴァイオリン教室の卒業証書授与式に参列。

素晴らしい先輩生徒さんに心から祝福いたします!


  


Posted by AIGC, INC. at 17:32Comments(0)学び

2014年03月18日

応援団長!



「そんなことはできるわけがない」と言う人は、
コツコツと励む人に結局は脱帽することになる
                     ナポレオン・ヒル

先日から自分のレッスン終了後に
お兄ちゃん、お姉ちゃん達に混じって見取りレッスン。

コーチのご厚意にはいつも感謝。

子供にとって親は最大の応援団長!!






  

Posted by AIGC, INC. at 18:24Comments(0)学び

2014年03月06日

2014年03月04日

いい父親とはどんな父親?



「亭主元気で留守がいいのですが・・・」

間もなく某大手役員のご主人が定年を迎えるという奥様の心境・・・・

「俺の帰りを出迎えてくれるのはポチ(愛犬)だけだよ・・・」

毎晩終電帰りの知人部長のつぶやき・・・・

お世話になっている弁護士の恩師は、
月の半分は日米を往復しながらも、休日はしっかり確保し、
家族との映画鑑賞、テニス、旅行を楽しむ。
将来のプランは?との問いには、家内とゆったり田舎で暮らすことだと。
家族を愛し、家族に愛されているお父さん。

世の中にはさまざまな夫婦(家族)がありますが、
実らなかった過去を持つ私は弁護士の恩師のようなお父さんが理想。

そうなるためには?

昨日ママに代わって1日育児をしながら、
とりあえず現時点ではクリアーかなぁっと。

  

Posted by AIGC, INC. at 15:32Comments(0)学び

2014年02月26日

応援団長!



テニスで。
プログラムがアップデートされた。

息子には自由にさせて大正解。
主張も強い。やはり名前の通り育っています。音の持つ不思議さを実感。

コーチによるショットも見学。
イメージは大切。ジッと見つめる有哉にコーチも驚き。
脚力つけるトレーニングも。

微笑ましかったのは、僕が打ったボールもネットの向こうに行かなきゃいけないでしょ!
打ったボールがネット前に転がるとボールを拾ってネットの向こうに投げてた。一々…orz

納得いかないんだろうな、理想と現実が違うからもどかしいだろうな。
息子の性格を理解してくれてるコーチと2人笑顔で息子の行動を眺めてしまった(笑)

今日のテニスレッスン、パパに見せたかったね!とコーチ。息子がとっても良い顔してたの。
パパ見学できなくて残念!私…こういう絶好調な日に限ってビデオ撮影してないよねーorz

お勧めDVDを教えて貰ったので手に入れなきゃ。

息子の嬉しい笑顔も、悔しくて泣くのを我慢する顔も、嫌だと主張する怒った顔も、大事にしてゆきたい。

ママの日記より

1歳児にテニス??
世間一般的な偏見で息子の無限大の可能性を潰しかけたことを今でも反省。
息子のために決してブレないママの信念と、
前代未聞の乳児レッスンをチャンレンジ精神で受けて下さったスクール経営者とコーチに感謝。

息子にとって誰よりも親が応援団長!

頑張れ~icon21





  

Posted by AIGC, INC. at 15:56Comments(0)学び

2014年02月06日

スズキ・メソード



幼児才能教育が始まって間もなく70年。

先日息子の教室の生徒さんのコンサートを鑑賞。
上級生のお兄ちゃん、お姉ちゃんが1歳児の息子に対し、
笑顔で「おはよう!」「頑張って!」と声をかけてくれる姿に感激。
ヴァイオリンを通じて、鈴木慎一先生の心がしっかり伝わっていました。

アメリカとビジネスしよう!の岸岡社長も記事にされておりましたが、
日本人の「心」は世界に誇れるものです。

スズキメソードが未来永劫受け継がれていくことを心から願っています。

  
タグ :幼児教育


Posted by AIGC, INC. at 15:25Comments(0)学び

2014年01月16日

室内公園



昨年8月、名古屋市伏見にオープンした「ゆとり

ママとベビーが安心して寛げる室内公園です。
一時預かりも行っています。

皇室御用達玩具、フランス語や英語で接してくれるスタッフさん、
単なる遊びの場ではなく、遊びを通じて我が子の成長も楽しめる!

お近くの方は是非ご利用してみてください。








  


Posted by AIGC, INC. at 08:30Comments(0)学び

2013年12月26日

氏より環境



ワンコのお客様で幼稚園を経営されている
大ベテランの園長先生と教育談義をさせていただきました。
都内でも有名な高級住宅街にお住まいで、
園もその近郊にあり、当然それなりの層の方々のご子息が
通園されているようですが、

先生は何度も何度も「子供は氏より環境」

と仰っておりました。

どこで誰がどのような教育(メソッド)で育てるか。

実は犬も一緒で、
例え名血統の子孫であったとしても、
山に放てばただの野良犬になってしまいます。
例えが極端でしたが、
名血統であったとしても、幼少期に誰にどんな環境で育てられたか?
それによって全く違った犬に育ちます。

話を人の子に戻しますが、
先日息子が通う教室のコンサートを鑑賞して、
「環境は大事だなぁ・・」と熟感じました。

以前興味があった教室のコンサートも鑑賞したことがあるのですが、
生徒が皆ピリピリしている。笑顔がない。

先生の生徒への接し方、指導メソッドを聞くと、
大変厳しい方で、技術ばかりを教え込もうとしている印象でした。
肝心の人間教育という部分が希薄になっているような・・・・

それぞれに良し悪しがあるのかと思いますが、
我が子にどうなって欲しいか、を大事に考え、
尊敬出来る指導者の下、理想の環境でお任せしたいと思うパパでした。


  

Posted by AIGC, INC. at 17:18Comments(0)学び

2013年12月06日

音に心を音にいのちを!



貧困率40%、厳しい社会情勢の南米パラグアイ。
夢も希望も持てない子供達を救うために立ち上がった
青年ファビオ・チャベス氏によって結成された音楽団

「オーケストラ・オブ・カテウラ」

楽器は全て廃材からのリサイクル。

昨晩、某番組でその演奏が放映され、
それまで積み木で遊んでいた息子が突然手を留め、
TVに前に釘付け、両手を回し、嬉しそうに指揮を始めた。

その前日にもFNS歌謡祭を流しており、
日本のトップミュージシャンが続々と演奏する中
全く見向きをしかなった息子。

1歳の彼なりに何か感じるものがあったのだと
親馬鹿に思う。

我家の教育に大きな影響を与えている
「スズキメソード」

創設者鈴木鎮一先生にお言葉に

他人の美しい心や感覚や愛情を
ひしひしと感じることの出来る能力を持つことは、
幸福な人間になることの近道である


どんな環境で育てていくか、
親にとって悩ましい課題ですが、
どんな子に育って欲しいかが明確であれば
答えは探しやすいのかもしれませんね。






  

Posted by AIGC, INC. at 09:19Comments(0)学び

2013年12月03日

見取稽古


先日購入してあげたヴァイオリンのソフト肩パット。
痛くないように!少しでも集中出来るように!父親が出来るささやかな協力


武道はもちろん、華道、書道、茶道、能楽、歌舞伎・・・・・
芸道と呼ばれる分野の中に「見取り稽古」という言葉があります。

私が剣道を始めたきっかけも
無意識のうちに行っていた見取り稽古からでした。

現在1歳の息子が週1回、
1時間バスに揺られ、ヴァイオリン教室へ見取り稽古に通っています。

集中力が持続出来ない月齢ですから、
最初は15分、やがて30分、40分、1時間 ・・・・・
美しい音色を聞くことの楽しさを習育させています。

自宅でも毎日ヴァイオリンのDVDが流れており、
特に五嶋龍くんの演奏が好きらしく。

そんな中、先日ビックリする出来事が起きました。

某CMでヴァイオリンの演奏が流れたのですが、
積み木遊びに夢中になっていた息子がピタと手を止め、
TVを観たのです。
もしや!と思い調べたところ、それは五嶋龍くんの演奏だったのです。

この世に生まれた子供はみな、誕生の瞬間から、
レオナルド・ダ・ヴィンチにもまさる高度な知的可能性を持っている


私が尊敬する故グレンドーマン先生の言葉です。

子供の可能性を活かすも潰すも親次第。
今しか出来ないその貴重な機会、我が子の将来の幸せのために
十分に費やしてあげたいと思っています。

  

Posted by AIGC, INC. at 09:18Comments(0)学び

2013年09月15日

教育(者)とは



息子の将来について考えていたところ、
偶然にも「アメリカにおいでよ!」と大春社長から着信。

大春社長は教育に対しても見識をお持ちで、
教育者たる者、専門的知識だけではなく心理学など幅広い教養を身に付けてこそ・・・
日本とアメリカの教育(者)の違いなど、色々とアドバイスを頂けました。

ありがとうございます!!

大春社長の言葉を感じながら、昨日某先生の下へ体験レッスン。

そして体験レッスン翌日の今日、すっかりやる気を無くした息子。
出来ないのは当たり前。でも出来ない事が大嫌いな息子の気持ちは
我々親が一番よく理解しています。何事もそうだから。

だから出来ないね、出来ないね、なんて言われると、
その言葉に含まれる気持ちは息子に言霊で伝わってしまっていました。

始めなきゃ出来るようにならない。出来ないからやらないでは良くない。
出来るようになりたいから出来ない事が悔しいのです。

子供の楽しさや嬉しさまで奪うネガティブな言霊はあってはいけない。

これが高学歴(日本で一流のT大学&T藝術大学院卒)で
芸能界でも活躍されている有名な先生による体験レッスンで得た学びです。

彼女はとても素晴らしい演奏家ですが、素晴らしい指導者ではありませんでした。
イコールだったら是非お願いしたかったです。

教育とは、才能を引き出し導く事であり、教える意味ではない!

身近に日本人離れした教育者がいるだけに余計に高いところを求めてしまいます。


  

Posted by AIGC, INC. at 17:26Comments(0)学び

2013年05月20日

モノにも魂はありますね



「誕生日プレゼント!」

既に4日も過ぎてしまいましたが、お客様からのサプライズに感動。

若手作家津守愛香さんの作品です。

温かく、楽しく、ユーモラスな彼女の作品には
ファンが多いそうです。

魂が込めれた作家さんの作品は、
持つ人の心を惹きつけ、幸せな気持ちにさせてくれますね。

  

Posted by AIGC, INC. at 17:50Comments(0)学び

2013年04月27日

我が家の教育7



先日1歳になった息子にテニスラケットを買い与えた。

普通一般的には「早過ぎるでしょ?」と言われますが、
早期教育を行ってきた息子はグリップを上手に握り、
テニスボールをしっかり認識しています。

そして今後はプロの手を借りる必要があり、
妻は地元のテニススクールに連絡。

「1歳??? まだ無理ですよ! 
うちには1歳児用のクラスはないですし・・」

案の定の返答。

ここからが妻の凄さ。

「クラスがなければ作ればいいじゃないですか?
息子は普通の1歳児とは違いますからきっと良い実績になりますよ」

「1歳時は経験がないですが、うちも貴重な実績と勉強とになりますので、
是非やらせてください!」

妻の勢いに押されて結局クラスを作ることを決意したスクール責任者。

親はいつだって子供を信じ、チャンスを与えてあげること!

我が家の教育方針です。
  

Posted by AIGC, INC. at 21:21Comments(0)学び

2013年03月29日

我が家の教育5



スウェーデンで購入したイースターグッズ。



絵柄の付いたシートが入っており、シートを卵にかぶせ蒸気を当てると・・・・
1~2秒でシートが卵に密着し、イースタエッグが完成!

息子には、宗教を問わず、世界のイベントを肌で感じ、
一緒に楽しめる心の豊かさを身に付けて欲しいと思っています。
  

Posted by AIGC, INC. at 15:04Comments(0)学び

2013年03月03日

我が家の教育4



現在スウェーデン出張に同行中の息子。

前回は生後6ヵ月、今回は生後10ヵ月での渡航。

Babyとの海外旅行を希望しながらも
「大人しくしているだろうか・・・」と臆病になるママさんが多い中、
「フライト中どうやって機嫌取ったの???」と聞かれます。

旅行(フライト)の時だけどうこうしよう・・・というのは難しいと思います。
普段の私生活から、TPOをわきまえるための脳開発、躾が必須であり、
結果、親も子供もストレス少なく、旅行を楽しめるのだと思います。



犬の育児や躾も一緒です。
室内では甘やかしやらせ放題、屋外やレストランでは大人しくしなさい!
飼い主の都合では犬は従ってくれません。

簡単なようで難しいですね。
  

Posted by AIGC, INC. at 08:41Comments(0)学び

2013年02月04日

我が家の教育3



息子にとって生まれて初めての節分。
宗教云々という問題ではなく、日本人として生まれた以上、
季節ごとの風習くらいはしっかり教えていきたい、
というのが我が家の教育です。

9ヶ月赤ちゃんに節分の意味が解るのか?

解ろうが、解るまいがそんなことはどうでもよくて、
見せてあげ、一緒に取り組むことに意味があると思っています。

ちなみに今回の鬼役は犬達。

動物虐待?

大丈夫です!
犬達はオヤツ(豆)がどんどん飛んで来て、大喜びでした。

  

Posted by AIGC, INC. at 17:50Comments(0)学び

2013年01月11日

噂話


suavinex社より

育児の話です。

最近は「おしゃぶり」を吸わせないママさんが多いようですが、
欧米では3~4歳まで吸わせる親が多いと聞きます。

出っ歯になる!
親や保健所などから根拠の無い噂話を吹き込まれ
信じているママさんがいるようですが、
最近は人間工学に基づいたおしゃぶりが販売されていますし、
何よりおしゃぶりは鼻呼吸という素晴らしい効果があります。

鼻呼吸をさせると何故良いか?
良い理由は沢山ありますが、
特に幼児の場合、

1:風邪の予防
2:記憶力・運動能力の向上

などの効果が挙げられます。

幼児がどう育つかは親次第。
噂話を鵜呑みにせず、子供にとって良い育児をしていきたいものです。

ちなみに息子にはSuavinex のおしゃぶりを与えています。

  

Posted by AIGC, INC. at 10:56Comments(0)学び

2012年12月12日

我が家の教育2



家内は動物園が好きではありません。
狭い檻の中に閉じ込められ、見物客にジロジロ見られ、
心の病んだ動物達を見るのが辛いからだと言います。

ですから息子にも好き好んで見せたい、とは思わないようです。

狭い檻の中で拘禁反応のように右へ左へ徘徊するクマ、
糞便で遊ぶチンパンジー、彼等を見て子供達は何を感じるのか。

ライオンやキリンなど野生動物は図鑑から学べばいい、
求めるなら、いつか大自然で活き活き暮らす彼等に会えるはず。

野菜はどこでどのように育つのか・・・・

子供には正しいものを見せていきたい。

我が家のちょっと変わった?教育です。

  

Posted by AIGC, INC. at 10:38Comments(0)学び

2012年11月21日

道産子でもサラブレットは育つ?



乳幼児を育てるママさん達からの依頼で急遽「早期教育セミナー」を開催。

先月に引き続き、3回目です。

セミナー内容は極めて単純です。
乳幼児だからと言って何も解っていないと思うのは間違い。
何も解っていないのは親子さんだということ、
赤ちゃんは産まれた瞬間から全身で学びたいと思っている、
しかし世の中の赤ちゃんの多くは、人生の最大の楽しみは「学ぶ」ではなく
「遊び」だと教え込まれている、その間違いを分かり易く解説しています。

早期教育と聞くと、皆さん、
高い月謝を払い、何か特別な教室に通学していると思うようですが、
大きな勘違いです。

最良の教師は母親です!そして父親も!

ちなみに息子の驚異的な成長を目の当たりした方々は
皆さん、「遺伝だよね~」と仰います。
大きな勘違いです。
私は田舎の公立学校に通い、剣道三昧、その後三流大学を卒業して公務員です。
家内も大差ありません。

全ての赤ちゃんは無限の可能性を秘めています。
それを活かすも活かさないも親次第ということですね。


  

Posted by AIGC, INC. at 11:35Comments(0)学び

2012年10月17日

噛んで、噛んで、また噛んで・・・・



咀嚼

哺乳類は咀嚼する唯一の脊椎動物である。
噛んで、噛んで、また噛んで、ようやく体内に吸収できる。

人生全てこれに尽きるのだと思います。

先生、先輩、上司から何かを学んでもすぐ直ぐ出来るものじゃない!
出来た、と思ってもそれは出来た気になっているだけ。

何度も何度も、24時間、365日、頭がいっぱいになるまで考え、実践していく中で、
ようやく少し出来るようになるのだと思います。

「言われたことをよくよく噛み砕いて・・・・」
以前尊敬する先生に言われたことを思い出します。

咀嚼する力!
これこそが哺乳類である我々の力ですね。

  

Posted by AIGC, INC. at 08:27Comments(0)学び

2012年10月15日

愚か者は人間だけ?



犬は凄いですね!

現在育児中の弊舎ヴィクトリア。
パピー達は小さな歯が生え始め、
おっぱいを吸われると痛いため、(その他理由はありますが)
「ゥ~」と小さく唸ってパピー達を離します。

そんなヴィクトリアですが、
5ヵ月の息子が顔をつねり、耳を引っ張ってもやらせたい放題。
やがて息子が愚図り出すとペロペロ舐めてあやしてくれます。

夜中も我が子の排泄の処理やじゃれ合いの仲裁に入り、
ゆっくり睡眠も取っていないはずなのに、息子の心配までしてくれるヴィクトリア。

28kgの体重が24kgまで激減。
それでも頑張っています。

相変わらず乳児・幼児虐待が絶えない人間社会。
少しは犬を見習いたいものですね。

  

Posted by AIGC, INC. at 15:28Comments(0)学び

2012年10月13日

自分だけのモノじゃない


スウェーデンが作ったフラットコーテッドレトリーバーの二代目

弊社のペット事業部では伝統文化で築かれた優秀な「血統」の犬をヨーロッパから輸入し、
その犬達を基礎に2012年から繁殖を始めています。
※その第一弾が先日誕生し、間もなく各オーナー様の下に旅立ちます。
このプロジェクトで私が一番大切にし、また各オーナー様にお願いしていることは、
我々が飼わせて頂く犬達は自分だけの犬じゃないんですよ、
未来の子供達に受け継いでいく大切な血統なんですよ、ということです。

往々にして日本人は手にしてしまうと、好き勝手に扱い、酷い人だと無知な交配をし、
血統を崩してしまいます。
血統というのは人間関係の「信用」と一緒で、築くには何十年と掛りますが、
壊すことは一瞬で出来ます。

血統の大切な理解頂き、後世にしっかり受け継いでいきたいと思っています。


国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問の末吉氏がこんなことを仰っておりました。

地球を大切にあつかないさい、
地球は親からもらったものではありません。
それは子供達からの預かりものなんですよ。

親からもらった遺産相続ならドラ息子が何に使おうが自由。
でもこの地球は我々が未来の子供達から預かっているものであり、
そう思えば壊して返す人など誰もいないはずであり、
綺麗にして返してあげることが責任なんだと。

素晴らしいことだと思います。

地球に限らず、犬でもモノでも、何ひとつとして自分だけのモノなどありませんね。
1つ、1つに感謝して、大切に扱っていきたいものです。






  

Posted by AIGC, INC. at 10:28Comments(0)学び

2012年10月11日

チャンスは多い方がいい!



身体的知能は、人間の知能の中でも第一の、そして最も基本的な知能である。

早期教育については賛否両論です。
息子のように身体能力が平均以上の場合、我々の親世代方々はこう言います。

そんなことをさせたら身体を痛めてしまうよ!

また同じような子を持つ同世代方々は、

パパの遺伝だよね!
うちはお受験とかしないから普通でいい!

赤ちゃんの脳細胞は、1分間に25万個増えていると聞いたことがあります。
また脳の容量は、アメリカ国立公文書館の10倍の容量とも言われています。

普段何もしないで、飲んで、寝かせ、あやし、を繰り返しているだけでは、
この膨大な容量はスッカラカンになってしまうわけです。

我が家は早期から能力開発に着目。
人間特有の授かった6つの能力を向上させているために、
息子のように2ヶ月半で寝がえりが出来、
3ヶ月にはずり這いが出来4ヶ月には自らつかまり立ちを達成し、
5ヶ月の今、高這いと伝い歩きができるようになり両親や周囲を驚かせています。
また、5ヶ月の今、胸郭を広げ脳に酸素を沢山送る為
数秒間支えなく握力だけでぶら下がる事が可能になりました。
訓練や練習などといった私達大人がイメージするような厳しい事をしているだけではなく、
本人の能力と可能性を信じ楽しく取り組んでいたら自然と能力を発揮し始めたといった具合です。

友人の息子は現在6年生ですが、学校の勉強は遊びのようなものだと言います。
全教科オール100点!スポーツも万能、テニスで大活躍しています。
彼も息子のように幼少期から能力開発され、適切な育児(教育)を受けてきました。
また、親世代が心配するようなことはなく、身体はどこも痛めていません。

彼に将来何になるの?と聞くと、「弁護士かお医者さん」と答えます。
今後様々な経験の中で夢は変わっていくかもしれませんが、
人並み以上の無限のチャンスが広がっていることは確かです。

お受験がどうこう、普通でいい、全て親の身勝手です。
生きていくのは子供達本人であり、彼らにどんなチャンスを与えてあげられるか、
親としての大切な役目だと思っています。



  

Posted by AIGC, INC. at 08:46Comments(0)学び